民法雑記帳

末弘厳太郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 民法雜記帳
  • 一 民法の獨自性 / 2
  • 二 民法の商化と民法の將來 / 6
  • 三 豫防法學としての民法學 / 10
  • 四 行政的解釋の法源性 / 17
  • 五 日本民法學の課題 / 25
  • 六 技術の貧困 / 33
  • 七 目的ある權利と目的なき權利 / 42
  • 八 人格槪念の中毒 / 46
  • 九 法人學說について / 58
  • 一〇 私法學說としての國家法人說 / 64
  • 一一 三の團體型 / 68
  • 一二 民法第百一條と法人 / 78
  • 一三 代理權授與行爲の性質について / 82
  • 一四 主債務者の取消權と保證人 / 88
  • 一五 無效の時效 / 92
  • 一六 時效の當事者 / 96
  • 一七 時效を援用し得る「當事者」 / 100
  • 一八 占有權の效力特に果實收取權について / 109
  • 一九 不動產の加工と地下の所有權 / 116
  • 二〇 收去權と買取請求權 / 122
  • 二一 共有物の分割請求權と分割の訴 / 126
  • 二二 所有者抵當に關する多少の考察 / 133
  • 二三 抵當權と登記 / 140
  • 二四 附從契約と行爲能力 / 144
  • 二五 無償契約雜考 / 153
  • 二六 繼續的契約と民法第五百四十一條 / 162
  • 二七 委任雜考 / 168
  • 二八 信託法外の信託 / 176
  • 二九 解除の性質について / 185
  • 三〇 債務不履行に因る契約解除と損害賠償 / 189
  • 三一 無過失賠償責任と責任分散制度 / 198
  • 三二 不法行爲としての殺人に關する梅博士の所說 / 202
  • 三三 被害者としての家團 / 210
  • 三四 不法行爲と第四百十六條 / 219
  • 三五 損害賠償の賦割拂 / 223
  • 三六 相隣關係に於ける「損害」と「償金」 / 226
  • 三七 物權的請求權理論の再檢討 / 228
  • 三八 妨害排除請求權の問題 / 236
  • 三九 債權法の身分法への適用 / 243
  • 四〇 身分法の特殊性と人事調停 / 252
  • 四一 家の定義 / 259
  • 四二 親子關係確認の訴 / 263
  • 四三 同時存在の原則に對する疑ひ / 268
  • 附錄 解釋法學に於ける法源論について / 275
  • 附錄 法源としての學說 / 305
  • 附錄 適法行爲による「不法行爲」 / 323
  • 附錄 音響・煤烟等の災害と法律 / 339

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 民法雑記帳
著作者等 末弘 厳太郎
書名ヨミ ミンポウ ザッキチョウ
出版元 日本評論社
刊行年月 1948
ページ数 346p
大きさ 19cm
NCID BN04929077
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48010906
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想