議会制度論

美濃部達吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 議會制度の歷史的發達 / 1
  • 第一節 議會制度の起源 / 1
  • 一 古代の民會 / 1
  • 二 中世西歐諸國の等族會議 / 6
  • 三 イギリスに於ける議會制度の確立 / 11
  • 四 第十六世紀以後に於けるイギリスの議會制度の發達 / 18
  • 第二節 議會制度の普及 / 23
  • 一 アメリカ合衆國及び其の各邦の憲法 / 24
  • 二 フランス革命と其の成果 / 31
  • 三 王政囘復以後に於けるフランスの憲政の變遷 / 39
  • 四 其の他のヨーロッパ諸國の議會制度 / 42
  • 第二章 議會制度の本質 / 52
  • 第一節 國民代表としての議會 / 52
  • 一 代表の觀念及び其の種類 / 53
  • 二 議會の國民代表としての性質 / 61
  • 第二節 國家機關としての議會 / 77
  • 一 議會の立法府としての性質 / 77
  • 二 政治統制の機關としての議會 / 84
  • 三 國家組織に於ける議會の地位 / 94
  • 第三章 議會の構成 / 97
  • 第一節 議會の一院制と二院制 / 97
  • 一 歷史的發達 / 97
  • 二 二院制度存在の理由 / 105
  • 第二節 二院制に於ける第二院の組織 / 112
  • 一 聯邦に於ける第二院 / 112
  • 二 單一國に於ける第二院の槪觀 / 118
  • 三 イギリスの貴族院と其の改造問題 / 120
  • 四 其の他の諸國に於ける貴族院式の第二院 / 127
  • 五 公選に依る第二院 / 133
  • 第三節 二院制に於ける第二院の權限 / 141
  • 一 各國制度の槪觀 / 141
  • 二 イギリスの一九一一年の國會法 / 149
  • 三 其の他の諸國に於ける第二院の權限の制限 / 157
  • 第四章 議會の權限 / 164
  • 第一節 立法に關する權限 / 164
  • 一 各國制度の槪觀 / 164
  • 二 法律案の提出、國民發案 / 180
  • 三 法律案の審議 / 195
  • 四 立法の裁可權又は拒否權附 國民抗議 / 211
  • 五 憲法の制定又は改正 / 223
  • 六 條約に關する權限 / 236
  • 七 イギリスの私法律案の立法 / 243
  • 第二節 財政に關する權限 / 250
  • 一 槪說 / 250
  • 二 イギリスに於ける金錢法案 / 258
  • 三 フランスの豫算制度と議會の權限 / 278
  • 四 ドイツの豫算制度の特色 / 292
  • 五 アメリカの豫算制度の特色 / 297
  • 第三節 政府の監督に關する權限 / 303
  • 緖言 / 303
  • 一 質問權 / 305
  • 二 査問權 / 316
  • 三 不信任決議の權 / 319
  • 四 大臣訴追の權 / 321
  • 第五章 議院法 / 331
  • 第一節 議會の會期 / 331
  • 一 召集及び開會 / 332
  • 二 通常會と臨時會 / 334
  • 三 停會及び休會 / 338
  • 四 閉會 / 341
  • 五 兩院同時開會の原則 / 342
  • 六 會期不繼續の原則 / 344
  • 七 解散 / 347
  • 第二節 議院の職員 / 354
  • 一 イギリス / 354
  • 二 アメリカ / 358
  • 三 フランス / 359
  • 四 ドイツ / 360
  • 第三節 議員特權 / 362
  • 一 議員の報酬 / 362
  • 二 議員の其の他の特權 / 368
  • 第四節 議事法 / 383
  • 一 議院規則 / 383
  • 二 議事公開の原則 / 387
  • 三 定足數の原則 / 392
  • 四 議決に關する原則 / 395

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 議会制度論
著作者等 美濃部 達吉
書名ヨミ ギカイ セイド ロン
書名別名 Gikai seido ron
出版元 日本評論社
刊行年月 1948
版表示 再版
ページ数 402p
大きさ 21cm
NCID BN07845370
BN08591223
BN12313552
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48006020
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想