日本戦時経済の進む途

岸信介 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 寫眞版 岸商相の筆蹟(編者に與へたるもの)
  • 序 小島精一
  • 編者の言葉 永田耀
  • 第一部 決戰態勢下の日本經濟 / 1
  • 一 高度國防經濟體制の進展と大東亞の資源 / 3
  • 資源解放と東亞自主經濟の確立 / 3
  • 豐富なる大東亞の資源 / 7
  • 經濟力の增强と資源開發 / 10
  • 產業人の責務益々重大 / 12
  • 二 當面緊急の課題 / 14
  • 民需物資の緩和至難 / 14
  • 產業再編成の强化徹底 / 19
  • 中小商工業の整備統合 / 22
  • 貿易の性格の變化 / 23
  • 低物價政策は堅持 / 25
  • 三 決戰經濟への協力 / 28
  • 緖戰赫々の戰果に醉ふ勿れ / 28
  • 前途は洋々、眼前の苦難に堪えよ / 31
  • 經濟道義の昻揚 / 33
  • 四 日米英開戰と中小企業再編成問題 / 36
  • 戰爭はこれからだ / 36
  • これからは苦勞の仕甲斐がある / 40
  • 產業再編成の根本理由 / 44
  • 中小企業問題の核心 / 48
  • 商業再編成の積極的意義 / 52
  • 整理の目安をどこに置く / 56
  • 商業の國家的意義に徹せよ / 59
  • 第二部 戰時經濟推進の目標 / 65
  • 五 戰時經濟推進の目標 / 67
  • 生產擴充と重點主義 / 67
  • 生產設備の休止廢止とその活用 / 70
  • 低物價政策の完遂 / 71
  • 貿易の再編成と圏內物資の交流 / 74
  • 中小商工業再編成の目標 / 77
  • 統制會の根本理念について / 80
  • 六 戰時經濟の進行と經濟界 / 83
  • 時局緊迫と國力の結果 / 83
  • 時艱突破に官民の決意は固し / 84
  • 統制の强化と產業界 / 87
  • 經濟界の一層の協力を望む / 90
  • 七 東亞共榮圈建設と產業の再編成 / 96
  • 英米依存の脫却 / 96
  • 生產力昻揚は重點主義で / 98
  • 重要產業團體令の運用 / 101
  • 產業設備營團の設立 / 104
  • 中小企業の再編成 / 107
  • 第三部 經濟新體制とは何か / 113
  • 八 經濟新體制とは何か / 115
  • 新體制性格決定のポイントの所在 / 115
  • 旣存生產組織はその極限に達した / 118
  • 對立分立より協力へ / 123
  • 官民一致體制の完成 / 128
  • 官は計畫立案を、民は生產の實行を / 131
  • 指導者原理の確立 / 135
  • 九 高度國防國家建設と統制會の任務 / 139
  • 統制會は戰時經濟の中核である / 139
  • 必需物資の確保と生產總力の發揮 / 142
  • 官民協力と統制會 / 145
  • 民間の知識經驗の積極的動員 / 148
  • 十 國士的經濟人たれ / 151
  • 新體制と鐵鋼統制會 / 151
  • 鐵鋼統制會の性格と任務 / 153
  • 國士的經濟人たれ / 156
  • 潑刺たる民間創意の發揮を / 158
  • 岸商工大臣について(永田耀) / 161

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本戦時経済の進む途
著作者等 岸 信介
永田 耀
書名ヨミ ニホン センジ ケイザイ ノ ススム ミチ
書名別名 Nihon senji keizai no susumu michi
出版元 研進社
刊行年月 1942
ページ数 199p
大きさ 19cm
NCID BN08705934
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48012013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想