漢学と洋学

岸田知子 著

漢文で学んだ知識人に西洋学問はいかに受け入れられたか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 洋学受容と漢学
  • 2 洋学者たちと漢学(洋学者と漢文
  • 日本の医学-蘭学以前
  • 漢学の足かせ-華夷思想・「聖賢の学」との闘い)
  • 3 洋学がつなぐ大坂知的ネットワーク(懐徳堂と適塾
  • 中井履軒と山片蟠桃-洋学受容の立場から)
  • 4 伝統と新知識のはざまで(二つの五行論-前野良沢と山片蟠桃
  • 漢学者と洋学-広瀬旭荘の場合)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漢学と洋学
著作者等 岸田 知子
書名ヨミ カンガク ト ヨウガク : デントウ ト シンチシキ ノ ハザマ デ
書名別名 伝統と新知識のはざまで

Kangaku to yogaku
シリーズ名 懐徳堂 024
阪大リーブル 024
出版元 大阪大学出版会
刊行年月 2010.9
ページ数 184p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87259-245-0
NCID BB03485585
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21905822
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想