ケインズ貨幣論の研究

高橋正雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 三版の序
  • 第一章 緒論 / 1
  • 一 ケインズ貨幣論の意義 / 1
  • 二 ケインズ貨幣論をめぐりて / 8
  • 三 ケインズの論構と我々の研究過題 / 14
  • 第二章 貨幣の本質に関する諸規定-槓杆なき体系 / 17
  • 一 出発点 / 17
  • 二 計算貨幣と貨幣 / 19
  • 三 貨幣の購買力 / 24
  • 四 種々の価格水準と種々の指数 / 30
  • 五 国家と貨幣 / 36
  • 六 貨幣価値の否定、一応の要約 / 39
  • 第三章 貨幣と銀行、その分類と名称 / 44
  • 一 金属貨幣から紙幣まで / 44
  • 二 貨幣から信用貨幣まで / 55
  • 三 本来の貨幣、銀行貨幣、代表貨幣 / 65
  • 四 商品貨幣、名目貨幣、統制貨幣 / 70
  • 五 流通貨幣と銀行貨幣 / 77
  • 六 銀行貨幣の分析 / 93
  • 第四章 ケインズの経済理論 / 104
  • 一 所得-生産費論 / 105
  • 二 経常産出物の理論 / 115
  • 三 「資本の分類」 / 125
  • 四 利潤、貯蓄および投資 / 131
  • 五 生産費の単位、人間の努力の単位、生産物の単位 / 143
  • 第五章 貨幣-価格水準の静態理論 / 150
  • 一 基本方程式論 / 150
  • 二 基本方程式論(続) / 162
  • 三 投資財の価格水準 / 167
  • 四 価格水準と貨幣数量 / 175
  • 五 均衡と変動の諸条件 / 184
  • 六 利潤と企業家 / 188
  • 七 銀行利子論 / 200
  • 八 収入論 / 266
  • 第六章 貨幣-価格水準の動態理論 / 278
  • 一 序説 / 278
  • 二 産業的流通と金融的流通 / 283
  • 三 購買力の不均衡の原因に関する分類 / 301
  • 四 貨幣的諸因子に因る変化 / 309
  • 五 投資の諸因子に因る変化、或は信用循環 / 317
  • 六 結論 / 347
  • 第七章 国際的連関における貨幣 / 349
  • 一 国際均衡論 / 350
  • 二 国際動態論 / 363
  • 三 外国為替論 / 385
  • 四 イギリスの場合 / 392
  • 第八章 貨幣の統制について / 408
  • 一 序説-統制の限界 / 408
  • 二 一国内の統制 / 419
  • 三 国際的統制 / 451
  • 第九章 結論 / 485

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ケインズ貨幣論の研究
著作者等 高橋 正雄
書名ヨミ ケインズ カヘイロン ノ ケンキュウ
出版元 惇信堂
刊行年月 1948
ページ数 490p
大きさ 22cm
NCID BN12855307
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48008278
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想