歌行灯

泉鏡花 著

冬の桑名の月の夜、うどん屋の店先で酒をあおる旅芸人若者は、なぜか夜空に響く按摩の笛に怯えている。やがておかみを前に3年前の因縁話を語りはじめた同じその頃、旅屋湊屋では、芸妓お三重が旅の二老人に薄倖な身の上を明かしていた。二つの語りの交錯が幽艶な陶酔境を現出する鏡花一代の傑作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歌行灯
著作者等 久保田 万太郎
泉 鏡花
書名ヨミ ウタ アンドン
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1948
版表示 11版
ページ数 110p
大きさ 15cm
ISBN 400310272X
NCID BN00945355
BN04918966
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48005570
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想