解決志向介護コミュニケーション

長谷川啓三 編著

[目次]

  • 序章 解決志向ケアってなに?
  • 第1章 要介護者とのコミュニケーション(身体症状とのおつきあい
  • 呼び方で対人距離が変わる ほか)
  • 第2章 高齢者を抱える家族システム(高齢を肯定的に捉える
  • 老年期の性 ほか)
  • 第3章 介護者が疲れてしまわないために(介護保険制度の誕生
  • 介護にたずさわる家族への援助 ほか)
  • 第4章 地域・コミュニティでの支え方(薬局を最大限に活用する-良薬たらしめる七ヵ条
  • 高齢者のグループワーク ほか)
  • 終章 解決志向ケアに関する理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 解決志向介護コミュニケーション
著作者等 長谷川 啓三
書名ヨミ カイケツ シコウ カイゴ コミュニケーション : タンキ リョウホウ デ カゾク オ カエル
書名別名 短期療法で家族を変える

Kaiketsu shiko kaigo komyunikeshon
出版元 誠信書房
刊行年月 2010.10
ページ数 215p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-414-40064-9
NCID BB03719835
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21843420
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想