遊楽と信仰の文化学

堤邦彦, 徳田和夫 編

前著『寺社縁起の文化学』で提起した「縁起学」の視点を引き継ぎ、聖と俗が渾然一体となった縁起の様相をより広汎にさぐる。開帳・巡拝・参詣などの場における略縁起のありようを考察し、絵巻や曼荼羅などの図像、のぞきからくりや浄瑠璃などの芸能に潜む「縁起的なるもの」を見定める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 略縁起のかたち(一枚刷り略縁起の形成
  • 略縁起の二形態 ほか)
  • 2 開帳・巡拝・参詣と略縁起(創生される「名木」-「鴬宿梅」伝承の中世的変容
  • 大津絵考-戯画から護符まで ほか)
  • 3 図像・彫像と縁起(『道成寺縁起絵巻』の再生-寺社縁起の在地化
  • 勧化本と絵解き-幡随意上人伝の図像化をめぐって ほか)
  • 4 縁起としての芸能(のぞきからくり
  • 祭文-男女和合呪術を中心に ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遊楽と信仰の文化学
著作者等 堤 邦彦
徳田 和夫
橋本 章彦
書名ヨミ ユウラク ト シンコウ ノ ブンカガク
書名別名 Yuraku to shinko no bunkagaku
出版元 森話社
刊行年月 2010.10
ページ数 452p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86405-016-6
NCID BB03953107
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21841058
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想