長野県蚕糸業外史  中篇

尾崎章一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次 / 1p
  • 一代交雑種の発足 / 1p
  • 今井の外国種人手の真相 / 9p
  • 普及団の建設を今井押切る / 14p
  • 一代交配種と芸者買の金 / 16p
  • 大正四年頃は交配種序の口 / 18p
  • 黄繭種急激に増加 / 25p
  • 矢沢勝治郎黄繭種移入の苦心 / 28p
  • 原蚕種最初の配付数量 / 33p
  • 最初は繭の重量で雌雄鑑別 / 36p
  • 蚕児雌雄鑑別の実用化 / 40p
  • 蚕児雌雄鑑別のエビソート / 46p
  • 公文書に現はれた最初の人工孵化 / 48p
  • 人工孵化の始まつた頃の長野県 / 50p
  • 諏訪で始めての人工孵化 / 55p
  • 蚕種の人工孵化失敗 / 59p
  • 蚕品種整理と岡田忠彥知事の抱負 / 66p
  • 水井君岡田知事の意見一致す / 75p
  • 水井君蚕[糸]課長を固辞す / 79p
  • 蚕業試験場設置と岡田忠彥知事 / 83p
  • 県会に於ける蚕業試験場設置問題 / 87p
  • 蚕品種統一の大宣伝 / 93p
  • 最初は井戸も便所もない / 97p
  • 欧洲白繭種入手の苦心 / 107p
  • 信濃欧白増殖沖繩の苦境 / 113p
  • 桑の基礎試験ポツト新設さる / 116p
  • 蚕種貯蔵の失敗から新発見 / 120p
  • 養蚕組合に始めて県の助成 / 123p
  • 養蚕教師規則設けらる / 128p
  • 事務官の蚕糸課長を技術官に / 131p
  • 県会で糾弾された阿蘇課長 / 135p
  • 諏訪蚕種飛白の盛衰 / 138p
  • 増子徳之助と井上伍鹿 / 142p
  • 盛んなりし長野県蚕種業者大会 / 147p
  • 活気横溢せる全国蚕種業者大会 / 174p
  • 生糸同業組合連合会の活動 / 181p
  • 米国の絹業視察 / 188p
  • 繭検定と繭鑑定 / 195p
  • 繭糸会社時代の繭取引 / 200p
  • 繭検定所の新設 / 205p
  • 法律による長野県養蚕業組合聯合会創立さる / 211p
  • 養蚕組合大会 / 217p
  • 大正年代に於ける長野県養蚕統計 / 228p
  • 昭和二年未曾有の大霜害 / 231p
  • 霜害救済の養蚕業者大会 / 238p
  • 長野県の執つた霜害対策 / 243p
  • 産繭処理統制法の公布と特約組合 / 247p
  • 特約組合県会の問題となる / 258p
  • 空前の盛会を極めた養蚕組合大会 / 263p
  • 大正時代の糸価の激動 / 270p
  • 盛んなりし塩尻(小県)の蚕種業 / 276p
  • 昭和四年の長野県蚕界の人々 / 283p
  • 蚕業試験場及び各支場の沿革 / 296p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 長野県蚕糸業外史
著作者等 尾崎 章一
書名ヨミ ナガノケン サンシギョウ ガイシ
書名別名 Naganoken sanshigyo gaishi
巻冊次 中篇
出版元 大日本蚕糸会信濃支会
刊行年月 1954-1955
ページ数 2冊
大きさ 19cm
NCID BN10526971
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56006516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想