特高警察秘録

小林五郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次 / 1p
  • 序文 阿倍源基 / 1p
  • はしがき / 1p
  • 序章ノ(1) / 1p
  • 一、敗戦……人民の敵 / 1p
  • 二、特高警察「親分」の収監 / 6p
  • 三、法廷……釈放 / 15p
  • 四、C・A・ウイロービー少将の招宴 / 24p
  • 序章ノ(2) / 27p
  • 一、ゲシュタポと日本特高警察 / 27p
  • 二、拷問 / 35p
  • 三、誕生……発展 / 43p
  • 第一部 赤色テロル彈圧
  • 第一章 / 54p
  • 一、予備検束……写真・指紋(第一次共産党検挙) / 54p
  • 二、労働争議を通じて(三・一五事件ノ1・端緖) / 57p
  • 三、『一党の党首たるものを留置場へ!』(三・一五事件ノ2) / 63p
  • 四、偽装調書「日本共産党兵庫県地方情勢!」(三・一五事件ノ3) / 70p
  • 第二章 / 74p
  • 一、アジトを衝く(中間検挙ノ1) / 74p
  • 二、火を噴く拳銃(中間検挙ノ2) / 77p
  • 三、遊興 / 81p
  • 四、泥棒! / 84p
  • 五、「えらい人」……「街頭連絡」(四・一六事件前後) / 87p
  • 六、上海から東京まで(佐野学の捕物) / 90p
  • 第三章 / 94p
  • 一、指令された武装蜂起(武装共産党ノ1) / 94p
  • 二、河原崎長十郎の実演(武装共産党ノ2) / 96p
  • 三、歷史は繰返す(武装共産党ノ3) / 99p
  • 四、新和歌浦二十三発の弾丸(武装共産党ノ4) / 103p
  • 五、仏蘭西料理「ボントン」の春宵(武装共産党ノ5) / 107p
  • 六、赤いメーデー(武装共産党ノ6) / 110p
  • 七、一着の「防弾チョッキ」を借りる(武装共産党ノ7) / 114p
  • 八、情熱のあだ花 / 118p
  • 第四章 / 123p
  • 一、三二年テーゼ(非常時共産党ノ1) / 123p
  • 二、偽りの花嫁(非常時共産党ノ2) / 129p
  • 三、熱海のあけぼの(非常時共産党ノ3) / 132p
  • 四、女と珈琲(非常時共産党ノ4) / 137p
  • 五、同志殺戮 / 140p
  • 第五章 / 146p
  • 一、スパイ / 146p
  • 二、転向(1) / 150p
  • 三、転向(2) / 154p
  • 四、琴(ハウスキーパー伝) / 160p
  • 五、峠 / 163p
  • 六、屋台店で(特高機密費) / 166p
  • 七、流し(尾行隊) / 171p
  • 八、特高の勘……地下運動者の勘 / 173p
  • 九、なさけをかける / 177p
  • 一〇、度肝を拔く / 181p
  • 一一、法と濫用 / 184p
  • 一二、特高の特質(1) / 187p
  • 一三、特高の特質(2) / 189p
  • 一四、特高課長 / 194p
  • 一五、特高と選挙 / 198p
  • 第六章 / 200p
  • 一、「人民戦線」指令(コミンテルンの大転換) / 200p
  • 二、「目的遂行」の為にする行為 / 203p
  • 三、黑い猫 / 205p
  • 四、一ケ年の内偵 / 207p
  • 五、留置場から散歩に(労農派・敎授グループ等の検挙) / 211p
  • 六、偽医者(共産主義者団検挙) / 215p
  • 七、美濃部達吉と発禁 / 221p
  • 八、独裁政治体制へ / 224p
  • 第七章 / 229p
  • 一、怪無電……怪しき祈り(尾崎・ゾルゲ事件ノ1) / 229p
  • 二、偶然か天佑か(尾崎・ゾルゲ事件ノ2) / 234p
  • 三、警視庁震撼す(尾崎・ゾルゲ事件ノ3) / 240p
  • 四、堂々たる演伎(尾崎・ゾルゲ事件ノ4) / 246p
  • 五、東条英機の杞憂(尾崎・ゾルゲ事件ノ5) / 250p
  • 六、国際共産党の対日諜報機関の組織(尾崎・ゾルゲ事件ノ6) / 255p
  • 七、首魁ゾルゲ(尾崎・ゾルゲ事件ノ7) / 263p
  • 八、尾崎秀実とその思想(尾崎・ゾルゲ事件ノ8) / 270p
  • 九、資金(尾崎・ゾルゲ事件ノ9) / 278p
  • 一〇、尾崎死後(尾崎・ゾルゲ事件ノ10) / 280p
  • 第八章 / 283p
  • 一、中共軍「日本人スパイ」(尾崎・ゾルゲ事件の後) / 283p
  • 二、「風にそよぐ葦」に代つて / 287p
  • 三、焚書 / 290p
  • 第二部 右翼暴動防遏の限界
  • 第一章 / 298p
  • 一、戦争と犯罪 / 298p
  • 二、「刑事部屋」から / 304p
  • 三、限界 / 311p
  • 四、狸……目明し文吉……かんしやく玉 / 314p
  • 五、憲兵と特高警察(「神兵隊」検挙の前後) / 317p
  • 第二章 / 327p
  • 一、秘められた硝煙(「埼玉靑年挺身隊」検挙) / 327p
  • 二、軍閥相剋 / 333p
  • 三、皇道派起つ(二・二六事件ノ1) / 338p
  • 四、軍隊との衝突を避ける(二・二六事件ノ2) / 344p
  • 五、憲兵隊から警視庁へ(二・二六事件ノ3) / 350p
  • 第三章 / 358p
  • 一、未発のダイナマイト(七・五事件前後) / 358p
  • 二、ムツソリーニ! / 362p
  • 三、近衛の走り書き / 365p
  • 四、中野正剛の自刄 / 367p
  • 第四章 / 372p
  • 敗戦の後 / 372p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 特高警察秘録
著作者等 小林 五郎
書名ヨミ トッコウ ケイサツ ヒロク
出版元 生活新社
刊行年月 1952
ページ数 379p
大きさ 19cm
NCID BN06896977
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52005680
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想