出家とその弟子

倉田百三 著

恋愛と性欲、それらと宗教との相克の問題についての親鸞とその息子善鸞、弟子の唯円の葛藤を軸に、親鸞の法語集『歎異抄』の教えを戯曲化した宗教文学の名作。本書には、青年がどうしても通らなければならない青春の一時期におけるあるゆる問題が、渾然としたまま率直に示されており、発表後一世紀近くを経た今日でも、その衝撃力は失われず、読む者に熱烈な感動を与え続けている。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 出家とその弟子
著作者等 倉田 百三
書名ヨミ シュッケ ト ソノ デシ
書名別名 Shukke to sono deshi
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1949
版表示 高校図書館用
ページ数 259p
大きさ 15cm
ISBN 4101059012
NCID BA43827188
BA47025246
BA6467542X
BN05064797
BN0910795X
BN11847981
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49009998
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想