森鴎外

大川白雨 著

[目次]

  • 標題
  • 目次 / 15p
  • はしがき / 3p
  • 第一章 幼年時代 / 22p
  • 一、出生 / 22p
  • 二、漢學修業と母峰子 / 25p
  • 三、藩校養老館 / 28p
  • 第二章 少靑年時代 / 34p
  • 一、ドイツ語修學 / 34p
  • 二、待望の大學入學 / 38p
  • 三、最年少の醫學士 / 43p
  • 第三章 ドイツ留學 / 49p
  • 一、陸軍(軍醫)の第一歩 / 49p
  • 二、ドイツ留學の五年 / 51p
  • 三、日本人最初の獨語演說 / 58p
  • 四、活きた學問 / 63p
  • 五、詩人林太郞の傷心 / 68p
  • 六、戰術書の講義 / 73p
  • 七、林太郞とエリス / 76p
  • 第四章 明治新文學と鷗外 / 92p
  • 一、鷗外以前の明治文學 / 92p
  • イ 政治小說の流行 / 93p
  • ロ 飜譯小說の興隆 / 95p
  • ハ 鷗外の前後左右 / 97p
  • 二、鷗外の結婚觀 / 108p
  • 三、文士梁山泊 / 113p
  • 四、鷗外の友情 / 117p
  • 五、樂書き所望 / 120p
  • 第五章 超人的文學活動 / 123p
  • 一、文名定まる / 123p
  • 二、いわゆる「沒理想論」 / 126p
  • 三、凱旋と父の死 / 131p
  • 四、喬木は風に吹かれる / 133p
  • 五、周圍の諫止 / 137p
  • 六、小倉生活 / 142p
  • 七、第二の結婚 / 147p
  • 八、九州に殘した事蹟 / 149p
  • 第六章 日露戰爭まで / 153p
  • 一、陸軍部内の重望 / 153p
  • 二、文壇の最高峰 / 156p
  • 三、日露役出征前後 / 161p
  • 第七章 新劇運動と鷗外 / 169p
  • 一、歐洲戯曲の紹介 / 169p
  • 二、醫文學博士、軍醫總監 / 173p
  • 三、文壇圈外の高峰 / 176p
  • 四、假名づかい問題、文藝委員會 / 179p
  • 五、フアウスト劇と他の作品 / 184p
  • 第八章 歷史小說 / 189p
  • 一、歷史ものゝ二特質 / 189p
  • 二、歷史そのまゝのもの / 192p
  • 三、歷史ばなれのもの / 197p
  • 第九章 考證學者の傳記 / 201p
  • 一、考證學者と鷗外 / 201p
  • 二、母の死 / 204p
  • 三、考證學者傳と讀書界 / 208p
  • 第十章 健康に挑む戰 / 214p
  • 一、死生觀 / 214p
  • 二、鷗外の遺言 / 219p
  • 三、家庭に於ける鷗外 / 225p
  • 附錄
  • 山椒太夫 / 230p
  • 「最後の一句」あらすじ / 245p
  • 「阿部一族」あらすじ / 253p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 森鴎外
著作者等 大川 白雨
書名ヨミ モリ オウガイ
書名別名 Mori ogai
出版元 弘学社
刊行年月 1948
ページ数 270p
大きさ 19cm
NCID BA40448398
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
50001396
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想