短歌の作り方味い方

窪田空穂, 窪田章一郎 共著

[目次]

  • 標題
  • 目次 / 1p
  • 第一篇 作歌の態度 / 3p
  • 一、自分の芽 / 3p
  • 二、スタート、ライン / 8p
  • 三、作歌の方向 / 14p
  • 四、歌の味ひ / 19p
  • 第二篇 歌の内容 / 27p
  • 五、歌の材料とはどういふものか / 27p
  • 六、先づやさしい材料から(一)自然 / 32p
  • 七、先づやさしい材料から(二)身邊 / 39p
  • 八、表現の基本 / 45p
  • 九、感情の直叙 / 50p
  • 一〇、思索・思想の表現 / 56p
  • 一一、呟きの歌 / 63p
  • 一二、日記的な歌 / 78p
  • 一三、歌の内容としての追憶 / 92p
  • 一四、卽興の歌 / 100p
  • 一五、想像と譬喩 / 113p
  • 第三篇 歌の形式 / 123p
  • 一六、形式とはどういふものか / 123p
  • 一七、形式のはたらき / 129p
  • 一八、歌の言葉-文語と口語- / 138p
  • 一九、歌の言葉-こなれた言葉- / 143p
  • 二〇、歌の言葉の續け方-明瞭・正確・順直- / 149p
  • 二一、言葉の新しさ / 155p
  • 二二、歌の調子はどういふものか / 158p
  • 二三、調子と言葉との關係 / 161p
  • 二四、歌の調子は如何に現すべきか / 166p
  • (一)情熱が基礎 / 166p
  • (二)氣分の集中 / 169p
  • (三)調子の頂點 / 174p
  • (四)胸にはひる調子 / 178p
  • 第四篇 歌の表現法 / 183p
  • 二五、歌の民衆化 / 183p
  • 二六、主觀的と客觀的 / 186p
  • 二七、緊張した心と愛惜の情 / 191p
  • 二八、距離を持つといふこと / 193p
  • 二九、單純化 / 196p
  • 三〇、餘情 / 201p
  • 三一、連作と群作 / 205p
  • 三二、詞書 / 207p
  • 第五篇 實際上の注意 / 210p
  • 三三、自分の歌を作れ / 210p
  • 三四、多讀多作 / 212p
  • 三五、添削と推敲 / 214p
  • 三六、雜誌と歌會 / 216p
  • 第六篇 歌の境地-現代の歌鑑賞- / 219p
  • 三七、季節の歌 / 219p
  • (一)春の歌 / 219p
  • (二)夏の歌 / 223p
  • (三)秋の歌 / 228p
  • (四)冬の歌 / 231p
  • 三八、自然の歌 / 235p
  • (一)山の歌 / 235p
  • (二)海の歌 / 238p
  • (三)川の歌 / 241p
  • (四)動物の歌 / 244p
  • (五)植物の歌 / 247p
  • 三九、職業の歌 / 250p
  • [(]一)農村の歌 / 250p
  • (二)工場の歌 / 255p
  • (三)勤勞生活の歌 / 257p
  • 四〇、家庭の歌 / 261p
  • 四一、相聞・挽歌 / 268p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 短歌の作り方味い方
著作者等 窪田 空穂
窪田 章一郎
書名ヨミ タンカ ノ ツクリカタ アジワイカタ
書名別名 Tanka no tsukurikata ajiwaikata
シリーズ名 あかね入門叢書 ; 第1
出版元 あかね書房
刊行年月 1950
ページ数 271p
大きさ 19cm
NCID BA37550884
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49012526
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想