晩年の父

小堀杏奴 著

仰ぎみる文豪でもなければ、軍服に身を固めた軍医総監でもない鴎外。ここには、母や妻、子どもたちの中心となり、周囲に濃やかな愛情をそそいだ家庭人の風貌が、少女の繊細な目を通して生き生きと描き出されている。著者は鴎外の次女。父の死直前のほぼ1年の思い出を綴る「晩年の父」ほか、「思出」「母から聞いた話」などを収める。

「BOOKデータベース」より

10刷 (1刷: 1936)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 晩年の父
  • 思出
  • 母から聞いた話
  • あとがきにかえて はじめ悪しければ終り善し

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 標題
  • 目次 / 5p
  • 晩年の父 / 1p
  • 思出 / 41p
  • 母から聞いた話 / 179p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 晩年の父
著作者等 小堀 杏奴
書名ヨミ バンネン ノ チチ
出版元 岩波書店
刊行年月 1948
ページ数 252p
大きさ 19cm
ISBN 4003109813
NCID BN0090909X
BN1079410X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49010793
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想