墨汁一滴

正岡子規 著

子規(1867‐1902)の場合、その随筆は、まさしく彼の「骨髄」と言っていい。晩年の随筆の一つであるこの『墨汁一滴』の場合もまた然り。そこでは観察と思考と回想と幻想が相集ってなまなましい批評的場を形成し、子規という人の全体が、実に自然にのびやかに立ち現われてくる。子規随筆の真骨頂を示す書。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 墨汁一滴
著作者等 正岡 子規
書名ヨミ ボクジュウ 1テキ
書名別名 Bokuju 1teki
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1949
版表示 10版
ページ数 191p
大きさ 15cm
ISBN 4003101340
NCID BN00995218
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49008719
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
墨汁一滴 正岡 子規
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想