苦悶の象徴 : 文芸論の根本問題

厨川白村 著

[目次]

  • 標題
  • 第一 創作論 / 7p
  • 一 二つの力 / 9p
  • 二 創造生活の欲求 / 10p
  • 三 强制抑壓の力 / 15p
  • 四 精神分析學 / 28p
  • 五 人間苦と文藝 / 39p
  • 六 苦悶の象徵 / 50p
  • 第二 鑑賞論 / 77p
  • 一 生命の共感 / 79p
  • 二 自己發見の喜び / 91p
  • 三 悲劇の淨化作用 / 104p
  • 四 有限の中の無限 / 109p
  • 五 文藝鑑賞の四階段 / 115p
  • 六 共鳴的創作 / 128p
  • 第三 文藝の根本問題に關する考察 / 135p
  • 一 豫言者としての詩人 / 137p
  • 二 理想主義と現實主義 / 149p
  • 三 短篇「頸かざり」 / 152p
  • 四 白日の夢 / 161p
  • 五 文藝と道德 / 173p
  • 六 酒と女と歌 / 178p
  • 第四 文學の起源 / 181p
  • 一 祈禱と勞働 / 183p
  • 二 原始人の夢 / 188p
  • 附錄「遊戯論」 / 193p
  • 「文藝と性慾」 / 209p
  • 「病的性慾と文學」 / 225p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 苦悶の象徴 : 文芸論の根本問題
著作者等 厨川 白村
書名ヨミ クモン ノ ショウチョウ : ブンゲイロン ノ コンポン モンダイ
書名別名 Kumon no shocho
出版元 山根書店
刊行年月 1949
ページ数 254p
大きさ 19cm
全国書誌番号
49004983
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想