和歌・俳句・近代詩の評釈

浅尾芳之助 著

[目次]

  • 標題
  • 目次 / 1p
  • 序說 評釋とは何ぞや / 1p
  • 第一編 和歌の評釋 / 3p
  • 和歌の評釋はかくのごとくせよ / 3p
  • (一)萬葉集 / 5p
  • (二)古今和歌集 / 76p
  • (三)後撰集より千載集まで / 151p
  • (四)新古今和歌集 / 181p
  • (五)明治以後の和歌 / 232p
  • 第二編 俳句の評釋 / 252p
  • 俳句の評釋はかくのごとくにせよ / 252p
  • 一 山路來て何やらゆかし / 255p
  • 二 あらたふと靑葉若葉の / 256p
  • 三 閑かさや岩にしみいる / 257p
  • 四 辛崎の松は花より / 259p
  • 五 荒海や佐渡に橫たふ / 261p
  • 六 あけぼのや白魚しろきこと / 262p
  • 七 草臥れて宿かる頃や / 263p
  • 八 五月雨や色紙へぎたる / 265p
  • 九 初時雨猿も小蓑を / 265p
  • 一〇 ほろ[ホロ]と山吹ちるか / 266p
  • 一一 五月雨やの空吹き落せ / 267p
  • 一二 旅に病んで夢は枯野を / 268p
  • 一三 鐘一つ賣れぬ日はなし / 269p
  • 一四 日の春をさすがに鶴の / 269p
  • 一五 梅一輪一輪ほどの / 270p
  • 一六 濡緣や薺こぼるゝ / 271p
  • 一七 おう[オウ]といへど敲くや / 272p
  • 一八 大原や蝶の出て舞ふ / 273p
  • 一九 十團も小粒になりぬ / 275p
  • 二〇 灰汁桶の雫やみけり / 276p
  • 二一 目には靑葉山ほとゝぎす / 277p
  • 二二 絕頂の城たのもしき / 278p
  • 二三 やぶ入りの寢るやひとりの / 279p
  • 二四 閻王の口や牡丹を / 280p
  • 二五 五月雨や大河を前に / 281p
  • 二六 春の水山なき國を / 282p
  • 二七 雀の子そこのけそこのけ / 282p
  • 二八 竹にいざ梅にいざとや / 283p
  • 二九 露の世は露の世ながら / 284p
  • 三〇 一群の托鉢僧や / 285p
  • 三一 赤蜻蛉筑波に雲も / 286p
  • 三二 柿くへば鐘が鳴るなり / 287p
  • 三三 瘦馬をかざり立てたる / 288p
  • 三四 藻の花や水ゆるやかに / 288p
  • 三五 雲の峰水なき川を / 289p
  • 三六 稻妻や一本杉の / 290p
  • 三七 山門に雲を吹きこむ / 291p
  • 三八 與謝の海や藍より出でて / 291p
  • 三九 叩かれて晝の蚊を吐く / 292p
  • 四〇 勅額の霞みて松の / 293p
  • 第三編 近代詩の評釋 / 294p
  • 詩の評釋はかくのごとくせよ / 294p
  • 近代詩の發達槪要 / 296p
  • 一 椰子の實 / 301p
  • 二 千曲川旅情の歌 / 303p
  • 三 荒城の月 / 313p
  • 四 海のおもひで / 317p
  • 五 日のおちぼ / 320p
  • 六 落葉 / 327p
  • 七 からまつ / 331p
  • 八 望鄕五月歌 / 337p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 和歌・俳句・近代詩の評釈
著作者等 浅尾 芳之助
書名ヨミ ワカ ハイク キンダイシ ノ ヒョウシャク
出版元 有精堂
刊行年月 1949
ページ数 353p
大きさ 19cm
NCID BN12773905
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49005336
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想