ゴータマ・ブッダ : 縁起という「苦の生滅システム」の源泉

並川孝儀 著

ゴータマ・ブッダの脱人格化は可能か?信仰から論理へ-。言語化され有機化された仏教思想。その本質をラディカルに問う、仏教学の新たな地平を切り拓くシリーズ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ブッダとゴータマ・ブッダ(釈尊)
  • 第2章 最初期の仏教とその時代背景
  • 第3章 最初期の仏教の思想的特色
  • 第4章 根本思想としての縁起説
  • 第5章 各支縁起説の展開
  • 第6章 ゴータマ・ブッダと縁起説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴータマ・ブッダ : 縁起という「苦の生滅システム」の源泉
著作者等 並川 孝儀
書名ヨミ ゴータマ ブッダ : エンギ ト イウ ク ノ ショウメツ システム ノ ゲンセン
書名別名 Gotama budda
シリーズ名 構築された仏教思想
出版元 佼成出版社
刊行年月 2010.10
版表示 初版
ページ数 125p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-333-02467-4
NCID BB03881549
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21840167
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想