カルロス・クライバー : ある天才指揮者の伝記  下

アレクサンダー・ヴェルナー 著 ; 喜多尾道冬, 広瀬大介 訳

運命の星、光り輝くとき!指揮台に上らぬ天才は、隠遁し、静かに世を去った-並ぶものなき存在と称えられた指揮者の数奇な後半生に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 6 頂点に立つ指揮者-ヴェルディ"オテロ"でついに世界的指揮者へ
  • 7 世界を股にかけて-四大陸での客演
  • 8 引く手あまたの指揮者-原則主義のスター
  • 9 伝説化-引退のはじまり
  • 10 去り行く人-遅ればせの勝利と静かな訣別
  • あとがき 苦悩と歓喜が一つに融けるとき-カルロス・クライバーという現象

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カルロス・クライバー : ある天才指揮者の伝記
著作者等 Werner, Alexander
喜多尾 道冬
広瀬 大介
ヴェルナー アレクサンダー
書名ヨミ カルロス クライバー : アル テンサイ シキシャ ノ デンキ
書名別名 Carlos Kleiber eine Biografie
巻冊次
出版元 音楽之友社
刊行年月 2010.10
ページ数 427, 45p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-276-21795-9
NCID BA91318946
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21891278
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想