夏目漱石

小宮豊隆 著

五高赴任から英国留学を経て『吾輩は猫である』『虞美人草』の執筆に至る作家・漱石の誕生の時代を描く。

「BOOKデータベース」より

豊熟の晩年10年間を描く。ここに提起された「則天去私」の仮説は、のちの漱石論の重要論点となった。

「BOOKデータベース」より

漱石を敬愛すること誰よりも厚かった愛弟子の手に成る、初の本格評伝。漱石研究の原点に位置する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『坑夫』
  • 『三四郎』
  • 『それから』
  • 満韓旅行
  • 『朝日』文芸欄
  • 『門』
  • 胃潰瘍
  • 『思い出す事など』
  • 博士問題
  • 再度の潰瘍
  • 文芸欄の廃止
  • 『彼岸過迄』
  • 明治天皇崩御
  • 『行人』
  • 夫婦の問題
  • 『こころ』
  • 四度び胃潰瘍
  • 『私の個人主義』
  • 『硝子戸の中』
  • 『道草』
  • 『明暗』

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第五高等学校
  • 俳句生活
  • 旅行
  • 結婚生活
  • 内面生活
  • 洋行
  • ロンドン
  • 『文学論』
  • 神経衰弱
  • 英国及英国人
  • 帰国
  • 講義
  • 再び神経衰弱
  • 表現の意慾
  • 日露戦争
  • 門下生
  • 『吾輩は猫である』
  • ロマンティシズム
  • 「本職」の問題
  • 朝日新聞入社
  • 京都
  • 『虞美人草』
  • 早稲田南町

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 系図
  • 名主
  • 出生
  • 養子
  • 家庭
  • 実家
  • 教育
  • 彷徨
  • 大学予備門
  • 落第
  • 江東義塾
  • 復籍
  • 英文学科
  • 「変物」
  • 正岡子規
  • 『木屑録』
  • 西と東と
  • 初恋
  • 厭世主義
  • 大学時代
  • 『英国詩人の天地山川に対する観念』
  • 就職
  • 参禅
  • 松山
  • 俳句
  • 孤独
  • 結婚

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 標題
  • 目次 / 5p
  • 一 系圖 / 13p
  • 二 名主 / 23p
  • 三 出生 / 29p
  • 四 養子 / 34p
  • 五 家庭 / 48p
  • 六 實家 / 57p
  • 七 敎育 / 67p
  • 八 彷徨 / 77p
  • 九 母 / 89p
  • 一〇 大學豫備門 / 100p
  • 一一 落第 / 106p
  • 一二 江東義塾 / 115p
  • 一三 復籍 / 122p
  • 一四 英文學科 / 131p
  • 一五 「變物」 / 138p
  • 一六 正岡子規 / 156p
  • 一七 『木屑錄』 / 163p
  • 一八 西と東と / 173p
  • 一九 初戀 / 187p
  • 二〇 厭世主義 / 199p
  • 二一 大學時代 / 212p
  • 二二 『英國詩人の天地山川に對する觀念』 / 231p
  • 二三 就職 / 242p
  • 二四 參禪 / 257p
  • 二五 松山 / 267p
  • 二六 俳句 / 276p
  • 二七 孤獨 / 285p
  • 二八 結婚 / 295p
  • 二九 第五高等學校 / 303p
  • 三〇 俳句生活 / 311p
  • 三一 旅行 / 324p
  • 三二 結婚生活 / 331p
  • 三三 内面生活 / 341p
  • 三四 洋行 / 357p
  • 三五 ロンドン / 369p
  • 三六 「文學論」 / 381p
  • 三七 神經衰弱 / 394p
  • 三八 英國及英國人 / 423p
  • 三九 歸朝 / 435p
  • 四〇 講義 / 445p
  • 四一 再び神經衰弱 / 453p
  • 四二 表現の意慾 / 472p
  • 四三 日露戰爭 / 483p
  • 四四 門下生 / 492p
  • 四五 『吾輩は猫である』 / 500p
  • 四六 ロマンティシズム / 516p
  • 四七 「本職」の問題 / 536p
  • 四八 朝日新聞入社 / 551p
  • 四九 京都 / 564p
  • 五〇 『虞美人草』 / 570p
  • 五一 早稻田南町 / 583p
  • 五二 『坑夫』 / 588p
  • 五三 『三四郞』 / 598p
  • 五四 『それから』 / 619p
  • 五五 滿韓旅行 / 634p
  • 五六 朝日文藝欄 / 642p
  • 五七 『門』 / 651p
  • 五八 胃潰瘍 / 662p
  • 五九 『思ひ出す事など』 / 680p
  • 六〇 博士問題 / 692p
  • 六一 再度の潰瘍 / 705p
  • 六二 文藝欄の廢止 / 717p
  • 六三 『彼岸過迄』 / 734p
  • 六四 明治天皇崩御 / 746p
  • 六五 『行人』 / 754p
  • 六六 夫婦の問題 / 778p
  • 六七 『こゝろ』 / 794p
  • 六八 四度び胃潰瘍 / 805p
  • 六九 『私の個人主義』 / 815p
  • 七〇 『硝子戸の中』 / 821p
  • 七一 『道草』 / 828p
  • 七二 『明暗』 / 848p
  • 七三 死 / 874p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 夏目漱石
著作者等 小宮 豊隆
書名ヨミ ナツメ ソウセキ
書名別名 Natsume soseki
出版元 岩波書店
刊行年月 1949
版表示 7版
ページ数 885p 図版
大きさ 19cm
ISBN 4003108523
4003108531
4003108515
NCID BN05018905
BN08712521
BN05682719
BN01066779
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49002580
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想