宝島

スティーヴンスン 著 ; 佐々木直次郎 訳

子供時代に胸躍らせたジム少年の冒険談も、あらためて読み直してみると、シルヴァー船長以下、一癖も二癖もある様々な登場人物に、『ジーキル博士とハイド氏』の作者スティーヴンスン(1850‐94)の人間観察の眼が感じられ、物語に一段と奥行きと魅力が増してくる。宝探しという永遠のロマンに、さあ新たな船出をしよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 標題
  • 目次 / 7p
  • 買ふのを躊躇する人に / 12p
  • 第一篇 老海賊 / 15p
  • 第一章 「ベンボー提督屋」へ來た老水夫 / 15p
  • 第二章 黑犬現れて去る / 24p
  • 第三章 黑丸 / 33p
  • 第四章 船員衣類箱 / 42p
  • 第五章 盲人の最期 / 50p
  • 第六章 船長の書類 / 58p
  • 第二篇 船の料理番 / 68p
  • 第七章 ブリストルへ行く / 68p
  • 第八章 「遠眼鏡屋」の店で / 76p
  • 第九章 火藥と武器 / 84p
  • 第十章 航海 / 93p
  • 第十一章 林檎樽の中で聞いた話 / 101p
  • 第十二章 戰爭會議 / 111p
  • 第三篇 私の海岸の冒險 / 120p
  • 第十三章 どうして海岸の冒險を始めたか / 120p
  • 第十四章 第一擊 / 127p
  • 第十五章 島の男 / 135p
  • 第四篇 柵壁 / 146p
  • 第十六章 醫師が續けた物語 どうして船を棄てたか / 146p
  • 第十七章 醫師が續けた物語 小形端艇の最後の航行 / 153p
  • 第十八章 醫師が續けた物語 第一日の戰鬪の終り / 160p
  • 第十九章 ジム・ホーキンズが再び始めた物語 柵壁内の屯營 / 167p
  • 第二十章 シルヴァーの使命 / 175p
  • 第二十一章 攻擊 / 184p
  • 第五篇 私の海の冒險 / 194p
  • 第二十二章 どうして海の冒險を始めたか / 194p
  • 第二十三章 退潮が流れる / 202p
  • 第二十四章 革舟の巡航 / 209p
  • 第二十五章 海賊旗を引下す / 217p
  • 第二十六章 イズレール・ハンヅ / 224p
  • 第二十七章 「八銀貨」 / 236p
  • 第六篇 シルヴァー船長 / 245p
  • 第二十八章 敵の宿營で / 245p
  • 第二十九章 再び黑丸 / 257p
  • 第三十章 宣誓解放 / 267p
  • 第三十一章 寶探し-フリントの指針 / 278p
  • 第三十二章 寶探し-樹の間の聲 / 288p
  • 第三十三章 首魁の沒落 / 297p
  • 第三十四章 それから結末 / 306p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 宝島
著作者等 Stevenson, Robert Louis
Stevenson, Robert Louis Balfour
佐々木 直次郎
阿部 知二
ロバート・ルイス・スティーブンソン
スティーヴンスン
書名ヨミ タカラジマ
書名別名 Takarajima
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1949
版表示 9版
ページ数 323p
大きさ 15cm
ISBN 4003224213
NCID BB07976443
BN03242125
BN05631401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49001309
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想