民主革命期の文学論

蔵原惟人 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 文化革命と知識層の任務 藏原惟人 / 9p
  • 新しい政治と文学 宮本顯治 / 35p
  • 批評の人間性 中野重治 / 65p
  • クラシック遺產の諸問題 岩上順一 / 113p
  • 文學史の中心的課題 除村吉太郞 / 131p
  • 文藝における主題の重要性について 北條元一 / 165p
  • 藝術主義批判 近藤忠義 / 187p
  • 民衆と詩人 壺井繁治 / 205p
  • 萩原朔太郞と日本的浪漫主義 岡本潤 / 215p
  • 新時代の批評家たち 窪川鶴次郞 / 239p
  • 文化革命の問題 小田切秀雄 / 277p
  • 一九四六年の文壇 宮本百合子 / 297p
  • あとがき / 340p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 民主革命期の文学論
著作者等 蔵原 惟人
書名ヨミ ミンシュ カクメイキ ノ ブンガクロン
出版元 真理社
刊行年月 1948
ページ数 342p
大きさ 19cm
NCID BN11757200
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48013894
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想