妊娠を考える : 〈からだ〉をめぐるポリティクス

柘植あづみ 著

不妊治療、出生前診断、人口政策など、出産に関わる文化、経済、政治について医療人類学の見地から深く考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「ミクロ」に「ローカル」を見る-数の論理と女性の生
  • 第2章 産みの風景をたどる
  • 第3章 「あらかじめ知る」ことのためらいと不安-出生前検査
  • 第4章 尋ねないことと説明しないこと-超音波検査
  • 第5章 「自分たちの子」をもつために-代理出産と親子関係
  • 第6章 「普通の家族」と「本当の」親-提供精子と提供卵子
  • 第7章 なぜ不妊治療を求めるのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 妊娠を考える : 〈からだ〉をめぐるポリティクス
著作者等 柘植 あづみ
書名ヨミ ニンシン オ カンガエル : カラダ オ メグル ポリティクス
書名別名 Ninshin o kangaeru
シリーズ名 NTT出版ライブラリーレゾナント 063
出版元 NTT
刊行年月 2010.10
ページ数 298, 6p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7571-4164-3
NCID BB03713635
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21837817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想