日本民族理想

西村真次 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 序論
  • 第一節 自己認識の必要 / 1
  • 第二節 文化と文明 / 3
  • 第三節 文化の展開と其段階 / 8
  • 第四節 文明の展開と政治形態 / 11
  • 第五節 文明と敎育との交聯 / 20
  • 第六節 民族生活理想 / 23
  • 第二章 日本文化の基礎
  • 第一節 醉ひの心持と醒めの心持 / 25
  • 第二節 日本文化の構素 / 27
  • 第三節 基礎としての朔北文化 / 30
  • 第四節 海南文化及び中央文化 / 37
  • 第五節 日本固有文化の生長 / 43
  • 第六節 特異性を把握せよ / 46
  • 第三章 日本文明の因子
  • 第一節 社會性の文學的考察 / 50
  • 第二節 時代的考察 / 53
  • 第三節 民性的考察 / 66
  • 第四節 階級的考察 / 81
  • 第五節 社會性闡明の目的 / 91
  • 第四章 古代日本人の性格
  • 第一節 民族性の二屬性 / 93
  • 第二節 古代日本人の人種的位地 / 94
  • 第三節 三つの基本的心性 / 96
  • 第四節 適應性 / 98
  • 第五節 可動性 / 100
  • 第六節 受容性 / 103
  • 第七節 執拗さと保存力 / 105
  • 第八節 平和性 / 108
  • 第九節 道德性 / 111
  • 第十節 古代日本人の性格は工藝性 / 112
  • 第五章 基礎的共同規制
  • 第一節 古代道德の意義 / 115
  • 第二節 協同精神の橫溢 / 117
  • 第三節 生々繁殖主義思想の擴充 / 133
  • 第四節 無限の制約力 / 145
  • 第六章 日本の民族性と其規定力
  • 第一節 民族性の意義 / 147
  • 第二節 民族性は歷史的存在 / 149
  • 第三節 工藝性が日本人の心性 / 151
  • 第四節 工藝性の歷史的展開 / 152
  • 第五節 將來國是の規定 / 155
  • 第七章 日本文化と民族性との交聯
  • 第一節 非常時と反省 / 157
  • 第二節 日本固有文化 / 158
  • 第三節 日本文化の展開 / 160
  • 第四節 文化線の描くジグザク / 162
  • 第五節 文化と民族性との關係 / 164
  • 第六節 工藝的工作 / 167
  • 第八章 日本民族の生活理想
  • 第一節 民族性と民族理想 / 169
  • 第二節 日本精神の意義 / 173
  • 第三節 日本民族理想の內包 / 177
  • 第四節 望來的態度を把持せよ / 193
  • 第九章 民族理想の傳承
  • 第一節 國家と敎育事業 / 197
  • 第二節 敎育の意義 / 200
  • 第三節 歷史の進化 / 207
  • 第四節 歷史敎育の方法 / 218
  • 第五節 國難打開の根本策 / 226
  • 第十章 結論
  • 第一節 論述の收束 / 229
  • 第二節 日本民族の使命 / 232

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本民族理想
著作者等 西村 真次
書名ヨミ ニホン ミンゾク リソウ
出版元 東京堂
刊行年月 昭和9
版表示 増補・改訂版
ページ数 253p
大きさ 23cm
NCID BA38419284
BN03909664
BN06302234
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47015634
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想