物質の生産と流通 : 社会科副読本

東京社会科教育研究所 編

[目次]

  • 物資の生產と流通
  • 目次
  • はしがき
  • 経済と貨幣-貨幣の役割り / 1
  • 價格の役割り / 4
  • 経済とはどういうものか / 7
  • 第一章 生產と收入
  • 本章の大意 / 1
  • I 物資はどのようにして生產されているか / 5
  • 1 農業 / 5
  • 2 工業 / 12
  • II 收入にはどんな種類があるか / 22
  • 1 價格はどうして定まるか / 22
  • 2 賃銀 / 30
  • 3 利潤 / 46
  • 4 利子 / 57
  • 5 商業による收入 / 65
  • 6 資産の賃貸による收入 / 70
  • 7 労務に対する報酬 / 74
  • 8 再生產 / 76
  • III 課題 / 83
  • 第二章 市場・仲介業・取引所 / 88
  • 本章の大意 / 88
  • I 市場や仲介業者、取引所はどのようにして發達したか / 92
  • 1 「市」の発達 / 92
  • 2 「商人」の発達 / 95
  • 3 問屋の発生と発達 / 97
  • 4 卸賣市場の発達 / 100
  • 5 封建的商業から近代的商業へ / 101
  • II 市場にはどんな種類があるか / 106
  • 1 市場とはなにか / 106
  • 2 商品市場 / 107
  • III 市場はどんな作用をしているか / 118
  • IIII 仲介業者はどういう働きをしているか / 118
  • V 取引所はどんなことをしているか / 120
  • 1 取引所とはなにか / 120
  • 2 取引所の種類と役割り / 122
  • 3 取引の仕方 / 131
  • 4 投機について / 136
  • VI 課題 / 139
  • 第三章 金融機關 / 144
  • 本章の大意 / 144
  • I 日本では金融機関はどのようにして発展したか / 148
  • 1 金融機関とは何か / 148
  • 2 明治以前の金融機関 / 150
  • 3 近代的金融機関の発達 / 155
  • II 銀行にはどんな種類があるか / 165
  • 1 日本銀行 / 166
  • 2 横浜正金銀行 / 175
  • 3 日本勸業銀行、府縣農工銀行、北海道拓殖銀行 / 176
  • 4 日本興業銀行 / 177
  • 5 貯蓄銀行 / 178
  • III 普通銀行はどんな機能を持つているか / 179
  • 1 資金の集積 / 180
  • 2 資金の運用 / 188
  • IIII 其他の金融機関 / 200
  • 1 大藏省預金部 / 200
  • 2 農林省中央金庫及び農業協同組合 / 201
  • 3 信託会社 / 202
  • 4 保險会社 / 203
  • 5 復興金融金庫 / 204
  • 6 其の他 / 206
  • V 課題 / 206
  • 第四章 企業 / 209
  • 本章の大意 / 209
  • I 企業はどのような基盤の上に発達したのだろうか / 213
  • 1 手工業の発展 / 213
  • 2 近代產業の前身マニュファクチュア / 217
  • 3 產業革命と工場制工業 / 220
  • 4 資本主義精神 / 223
  • 5 資本家階級と労働者階級 / 224
  • 6 労働問題-豊富の中の失業 / 227
  • II 企業の形態にはどのようなものがあるだろうか / 234
  • 1 基本的な企業形態 / 234
  • 2 企業の集中 / 241
  • 3 わが國の独占企業 / 249
  • III 將來のわが國の企業はどうなるだろうか / 256
  • 1 企業組織の民主化 / 260
  • 2 企業経営の民主化 / 265
  • 3 農業の民主化 / 266
  • IIII 課題 / 269

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 物質の生産と流通 : 社会科副読本
著作者等 東京社会科教育研究所
書名ヨミ ブッシツ ノ セイサン ト リュウツウ
書名別名 Busshitsu no seisan to ryutsu
出版元 巌松堂
刊行年月 昭和23
ページ数 271p 図版
大きさ 19cm
全国書誌番号
45013764
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想