普通選挙法陪審法要論

吉崎徳市 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一部 普通選擧法要論
  • 前編 普通選擧法の基礎槪念
  • 第一章 普通選擧の觀念 / 1
  • 第二章 普通選擧の沿革 / 5
  • 第三章 普通選擧の得失 / 13
  • 第四章 選擧區の種別と其得失 / 17
  • 第五章 比例代表法 / 22
  • 後編 我が國普通選擧法の大要
  • 第一章 選擧に關する區域(選擧區) / 33
  • 第二章 選擧權及被選擧權 / 37
  • 第三章 選擧人名簿 / 47
  • 第四章 選擧投票及投票所 / 49
  • 第五章 開票及開票所 / 56
  • 第六章 選擧會 / 58
  • 第七章 議員候補者及當選人 / 59
  • 第八章 議員の任期及補闕 / 65
  • 第九章 訴訟 / 66
  • 第十章 選擧運動 / 72
  • 第十一章 選擧運動の費用 / 76
  • 第十二章 罰則 / 80
  • 結論 / 87
  • 第二部 陪審法要論
  • 第一章 陪審制度の觀念 / 97
  • 第二章 陪審制度の沿革 / 101
  • 第三章 陪審制度の得失 / 102
  • 第四章 陪審制度と我が國憲法との關係 / 104
  • 第五章 我が國陪審法の大要 / 105

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 普通選挙法陪審法要論
著作者等 吉崎 徳市
書名ヨミ フツウ センキョホウ バイシンホウ ヨウロン
出版元 吉崎徳市
刊行年月 昭和7
ページ数 132p
大きさ 23cm
全国書誌番号
44016234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想