仏教とアドラー心理学 : 自我から覚りへ

岡野守也 著

うつ、神経症、心身症、不登校、引きこもり、リストカット、自殺、いじめ、非行、薬物依存など、心と行動に関わる深刻な問題が山積する現代日本。だが、仏教と心理学を統合したアプローチにより適切で有効な理解と対処は可能だ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 仏教と心理学の統合
  • 第1部 アドラー心理学と健全な自我の確立(アドラーの個人心理学
  • アドラー心理学の主軸理論)
  • 第2部 仏教とアドラー心理学(釈尊の説いた真理
  • 大乗仏教の深層心理学としての唯識心理学
  • 意識上の根本煩悩と随煩悩
  • 治療法としての唯識心理学のシステム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仏教とアドラー心理学 : 自我から覚りへ
著作者等 岡野 守也
書名ヨミ ブッキョウ ト アドラー シンリガク : ジガ カラ サトリ エ
書名別名 Bukkyo to adora shinrigaku
出版元 佼成出版社
刊行年月 2010.10
ページ数 369p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-333-02465-0
NCID BB03673596
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21834818
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想