大西猪之介経済学全集  第1巻

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 本全集の編纂に就いて
  • 第一卷小引
  • 著者序
  • 前篇 囚はれたる經濟學 消極的研究 / 3~75
  • (一) 開題 / 3
  • (二) 經濟學の成立 / 3
  • (三) 社會主義 / 24
  • (四) 歷史學派 / 45
  • (五) 結語 / 74
  • 後篇 生と學との距離 積極的研究 / 79~329
  • 序論 / 79
  • 第一章 SmithとMalthus / 88
  • 第二章 Kant / 105
  • 第三章 RicardoとMill / 120
  • 第四章 自然科學派經濟學 / 149
  • 第五章 歷史學派 / 185
  • 第六章 文化科學派へ / 207
  • 第七章 文化科學派經濟學 / 223
  • 第八章 眞理の一方性 / 251
  • 第九章 生に卽せむとする學 / 283
  • 第十章 生の爲の學 / 305
  • 附錄一 學說及傳記 / 333~490
  • 一 正統學派 / 333
  • 二 スカルッフイ / 350
  • 三 スタッフォルト / 354
  • 四 セラ / 358
  • 五 セッケンドルフ / 363
  • 六 スチュアート / 366
  • 七 スミス / 372
  • 八 ゾンネンフェルス / 412
  • 九 スペンス / 417
  • 一〇 スピットラー / 421
  • 一一 ゾーデン / 423
  • 一二 ゼルゲル / 427
  • 一三 ストルヒ / 429
  • 一四 J. B. セイ / 432
  • 一五 セニオル / 438
  • 一六 H. E. セイ / 445
  • 一七 スチルナー / 447
  • 一八 ソーントン / 452
  • 一九 ゼートベーヤ / 455
  • 二〇 スペンサー / 459
  • 二一 ゼーリッヒ / 469
  • 二二 J. B. L. セイ / 472
  • 二三 スチーダ / 475
  • 二四 ゼーリング / 477
  • 二五 セリグマン / 479
  • 二六 ゾムバルト / 482
  • 附錄二 哲學と宗敎 / 493~552
  • 一 宗敎と科學特に經濟學 / 493
  • 二 奴隷の道德と貴族の道德 / 515
  • 三 生の宗敎と死の宗敎 / 531
  • 批評及回顧
  • 一 大西猪之介敎授著『囚はれたる經濟學』と『伊太利亞の旅』 法學博士 左右田喜一郞 / 555
  • 二 大西敎授個性・業績の回顧 高島佐一郞 / 557
  • 三 『囚はれたる經濟學』に對する一小疑問 南亮三郞 / 582

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大西猪之介経済学全集
著作者等 大西 猪之介
書名ヨミ オオニシ イノスケ ケイザイガク ゼンシュウ
巻冊次 第1巻
出版元 宝文館
刊行年月 昭和2-3
ページ数 8冊
大きさ 22cm
全国書誌番号
46086070
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想