紙上巡礼世界風俗と奇聞

石川成一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 鳥の先祖 / 1
  • 氷山の生滅 / 6
  • 前世界に居た恐龍とは何か / 12
  • 印度の蛇遣ひ / 16
  • 地下の熱 / 23
  • 虫を射落す魚 / 28
  • 岸に這ひ上る魚 / 30
  • 海底の藻屑となつた寳 / 32
  • 翼無くて飛ぶ鳥 / 37
  • 沈默の塔 / 41
  • 前世界の海を荒した動物 / 46
  • 人は猿の生れ變つたもの / 48
  • いろいろな文身 / 52
  • 眼球の移轉 / 54
  • 不思議な劍(アーサー王物語) / 56
  • 海の底の魚 / 71
  • 晝半年夜半年の國 / 73
  • 猫や牛のミイラ、牛の葬儀費十六萬圓 / 75
  • 粘土中の銀 / 81
  • 五億萬圓の金剛石煙の如し / 86
  • 決鬪は面白いか、文明的か、尙武的か / 91
  • 月の火山 / 107
  • 一晝夜で海中に沈沒した大陸アトランチス / 121
  • 食物の貯藏 / 128
  • フランスの花合戰とカルナバル祭 / 142
  • ロシアの舞踊と結婚異風 / 148
  • 盜賊が名譽の印度人と波羅門の潔癖振り / 152
  • 十二夜祭と男女常談遊び(瑞西) / 160
  • 禁厭と生命がけの「モラ」遊び(伊太利) / 163
  • 活動塔と結婚報告人(墺太利・白牙利) / 167
  • 鐵の釘と取換兒(スカンヂナビヤ地方) / 171
  • 米篩ひ、花嫁パン、水祝ひ、卵一つで罪障消滅す(バルカン半島) / 173
  • 白耳義のルメコン行列と犬の配達 / 181
  • 死人使ひと赤ん坊抱きの競爭(和蘭) / 184
  • 獨逸の結婚占ひと決鬪 / 186
  • 海の燐光 / 192
  • 不思議な豆の芽 / 196
  • 露と霜 / 200
  • 西洋人の想像する奇動物 / 204
  • オーストラリヤ土人の仇討 / 206
  • 喧嘩の決算期 / 207
  • 奇拔な仇討 / 210
  • 大人の仲間入りの儀式 / 216
  • 水夫を殺し鯨と戰つた大烏賊 / 218
  • 生と死と視死 / 222
  • 曲がる岩 / 240
  • 悲壯なる西班牙の鬪牛(西班牙風俗) / 242
  • 千古の面影を湛えるセゴヴイア水渠 / 247
  • ノートルダム / 249
  • 冬虫夏草 / 252
  • 火の玉の話 / 254
  • 埃及王フーフーの錐塔 / 260
  • 毒蛇を食ふ蛇 / 263
  • 海底はどんな所か / 265
  • 奇妙珍妙な川流し / 267
  • 迷信の西洋 / 269
  • ピサの斜塔 / 278
  • 五十里の長廊下 / 281
  • エツフエル塔より見れば箱車 / 284
  • 科學より見た人間の血 / 286
  • ヴアチカンの宮殿 カラカラ浴室 サンマルコ寺院と廣場 珍無類の時計臺 死の宮殿 / 302
  • ボンベイの廢墟 / 308
  • 何でも世界一 / 312
  • 土耳古の迷宮 / 315
  • 飛ぶ蛇、飛ぶ獸 / 319
  • 雲衝くやうな巨獸が居た / 322
  • 海底の森 / 328
  • 地の底の畑 / 331
  • 島民の風俗 / 335
  • マレーイツクの風俗 / 335
  • ネグリチツクの風俗 / 347
  • 亞弗利加の風俗 / 350
  • 埃及の風俗 / 357
  • リビア人の風俗 / 363
  • 南アメリカ土人の風俗 / 365
  • 北アメリカ土人の風俗 / 371
  • エスキモーの風俗(一) / 384
  • エスキモーの風俗(二) / 386
  • 墨西哥の風俗 / 392
  • 印度支那の風俗 / 395
  • 印度の風俗 / 401
  • 波斯と亞刺比亞の風俗 / 405
  • 英吉利の風俗 / 409

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 紙上巡礼世界風俗と奇聞
著作者等 石川 成一
書名ヨミ シジョウ ジュンレイ セカイ フウゾク ト キブン
書名別名 Shijo junrei sekai fuzoku to kibun
出版元 修教社書院
刊行年月 昭和3
ページ数 413p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46092152
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想