「教育」する共同体 : ウズベキスタンにおける国民形成と地域社会教育

河野明日香 著

ソ連からの独立後復活した、イスラームの伝統に則った地域共同体=マハッラ。若き女性研究者がウズベキスタン社会に溶け込み、新国家建設に際してマハッラが果たす役割と課題を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 中央アジア地域教育研究の課題
  • 第1章 ウズベキスタンにおけるマハッラとその教育的側面の歴史的変遷
  • 第2章 独立後におけるマハッラの構造と成人の学び
  • 第3章 マハッラにおける子どもの社会化と文化継承
  • 第4章 学校教育におけるマハッラ
  • 第5章 マハッラと学校の連携による「市民」意識の育成
  • 第6章 諸機関の連携活動による青年教育-マハッラ・NGO・国際機関の事例から
  • 終章 ウズベキスタンにおけるマハッラの教育的役割

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「教育」する共同体 : ウズベキスタンにおける国民形成と地域社会教育
著作者等 河野 明日香
書名ヨミ キョウイクスル キョウドウタイ : ウズベキスタン ニ オケル コクミン ケイセイ ト チイキ シャカイ キョウイク
書名別名 Kyoikusuru kyodotai
出版元 九州大学出版会
刊行年月 2010.9
ページ数 238p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7985-0026-3
NCID BB03337045
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21907130
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想