理科教授原論

篠原助市 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 理科敎授の目的と陶冶價値 / 1
  • 自然界の統一的理解 / 1
  • 理科の陶冶價値 / 5
  • 一 知的の方面 / 10
  • 二 情意の方面 / 12
  • 第二章 理科敎授の歷史と敎材 / 23
  • 第一 理科の區分 / 23
  • 第二 初期の理科敎授 / 27
  • 第三 生物學敎授の發展 / 32
  • 兒童の理科 / 32
  • 形態の直觀と系統 / 34
  • 生活共存體 / 37
  • 生理的考察 / 46
  • 應用生物學 / 49
  • 敎材の配當 / 50
  • 敎材の選擇 / 51
  • 敎材の排列 / 55
  • 第四 理化學敎授の發展 / 59
  • 實驗と兒童の經驗 / 59
  • 物理的個體 / 61
  • 理科的精神 / 62
  • 敎材の選擇 / 64
  • 敎材の排列 / 66
  • 文化工場 / 67
  • 第三章 理科敎授の統一 / 69
  • 第一 內容上から見た統一 / 69
  • 生活共存體への統合 / 69
  • 動學への統合 / 71
  • 個體の記述 / 72
  • 人間中心の統合 / 74
  • 其の他の統合 / 76
  • 第二 形式上から見た統一 / 78
  • 第四章 直觀及び思考と理科敎授 / 84
  • 第一 直觀と思考の關係 / 84
  • 直觀の多義 / 85
  • 直觀の諸徵表 / 86
  • 分析、綜合と直觀 / 87
  • 概念的範疇 / 88
  • 第二 直觀と思考の區分 / 89
  • 思考の獨自性 / 90
  • 思考の直觀性 / 92
  • 第三 直觀及び思考と理科 / 93
  • 第五章 理科敎授の原則と方法 / 95
  • 第一 敎授の原則 / 95
  • 郷土の原理 / 95
  • 自己活動の原理 / 96
  • 全體的聯關の原理 / 98
  • 第二 敎授の方法 / 101
  • 甲 事實、現象の認定 / 102
  • 觀察 / 102
  • 實驗 / 106
  • 思想實驗 / 109
  • 乙 直觀より法則へ / 110
  • 歸納法と新認識 / 111
  • 直觀の一般性 / 112
  • 歸納的進行 / 113
  • 歸納的進行と自己活動 / 117
  • 理科敎授の形式 / 120
  • 兒童の發達と敎授の形式 / 124
  • 生徒實驗 / 126
  • 記憶と回想 / 131
  • 第六章 敎授の豫件と敎授上の注意 / 134
  • 第一 敎授の豫件 / 134
  • 敎育者の理科的修養 / 134
  • 敎材の精査 / 135
  • 表現の能力 / 136
  • 郷土的職業への順應 / 136
  • 生徒の心理的認識 / 138
  • 第二 敎授上の注意 / 140
  • 第三 性に關する敎授 / 142
  • 目的 / 144
  • 時期 / 144
  • 敎育者 / 145
  • 方法と敎材 / 145

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 理科教授原論
著作者等 篠原 助市
書名ヨミ リカ キョウジュ ゲンロン
出版元 東洋図書
刊行年月 昭11
ページ数 148p
大きさ 23cm
NCID BN03924147
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46075013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想