霊性の文学霊的人間

鎌田東二 著

場所そのものに記憶と感情をため、私たちを惹きつける聖地。霊的人間は、心にそんな聖地をもっている。独特の時空感覚をもった宮沢賢治、魂の故郷を探し続けたヘッセ、孤独に言葉といのちを吹き込んだ遠藤周作…。大気や光の中に神々しい何かを感じた霊的人間たちの言葉をつなぐと、混乱を極める現代を生きる私たちに必要な知と力が見えてくる。宗教・哲学・芸術の世界を自在に横断し、通底する人間の想像力を発見する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アランの石の呼び声
  • 宮沢賢治-超越への飛翔
  • ヘルマン・ヘッセ-魂の魔術的変容を求めて
  • ノヴァーリス-魔術的観念論の秘孔
  • 空海-大日如来の波の行方
  • ウィリアム・ブレイク-越境する想像力
  • ゲーテ-親和力の神話学
  • 本居宣長-「もののあはれ」あるいは感情の原型構造論
  • 上田秋成-「妖怪」からの地平
  • 平田篤胤-「もののけ」のアルケオロジー〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 霊性の文学霊的人間
著作者等 鎌田 東二
書名ヨミ レイセイ ノ ブンガク レイテキ ニンゲン
書名別名 Reisei no bungaku reiteki ningen
シリーズ名 角川ソフィア文庫 G-108-2
角川文庫 G-108-2
出版元 角川グループパブリッシング
角川学芸
刊行年月 2010.9
ページ数 254p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-409428-7
NCID BB03607831
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21833303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想