日本産業経済全書  第1

宮田保郎著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 第一章 序說 時局下の電力問題 / 3
  • 一 電力利用の質的變化 / 3
  • 二 生產力擴充と電力 / 4
  • 三 電力統制問題 / 7
  • 第二章 電力經濟 / 10
  • 一 電力統制の出發點 / 10
  • 二 電力の獨占資本性 / 12
  • 三 單一電力經濟 / 16
  • 第三章 發電力の發展 / 19
  • 一 搖籃期から發展前期 / 19
  • 二 飛躍的發展期 / 21
  • 三 過剩電力の危機 / 30
  • 四 軍擴景氣時代 / 43
  • 第四章 電力消費の動向 / 50
  • 一 動力源泉としての電力 / 51
  • 二 電力の各種產業部門への配分 / 56
  • 三 軍需產業の電力消費 / 60
  • 四 重要產業各部門の電力消費 / 63
  • 五 農村と電力 / 66
  • 六 電燈の普及化 / 70
  • 第五章 電力資本 / 75
  • 一 電力事業の內容 / 75
  • 二 企業の形態 / 77
  • 三 電力資本の構成 / 83
  • 四 巨大資本と弱小資本の並存 / 86
  • 五 電力事業の業績と料金 / 89
  • 六 電力事業と金融資本 / 102
  • 第六章 電力資本の獨占地域 / 112
  • 一 關東地方の獨占的分野 / 112
  • 二 中部地方の電力界 / 129
  • 三 關西地方の電力界 / 134
  • 四 信越北陸地方の電力分野 / 142
  • 五 中國地方の電力界 / 154
  • 六 四國地方の電力分野 / 159
  • 七 九州地方の電力分野 / 164
  • 八 東北地方の電力分野 / 171
  • 九 北海道の電力分野 / 178
  • 第七章 電力統制 / 183
  • 一 電力統制問題の經緯 / 183
  • 二 改正電氣事業法の內容 / 190
  • 三 電力聯盟の結成 / 195
  • 四 電力國營案の登場 / 201
  • 五 五大電力の自主的統制案 / 214
  • 六 電力共同計算案 / 220
  • 七 電力國營案の推移 / 222
  • 八 問題の論點 / 225
  • 九 現狀維持勢力の反擊 / 231
  • 附錄
  • I 電力國家管理に關する四法律案 / 239
  • II 電力聯盟の共同計算案 / 264
  • III 民間出資と建設費 / 268

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本産業経済全書
著作者等 宮田 保郎
書名ヨミ ニホン サンギョウ ケイザイ ゼンショ
書名別名 電気工業論
巻冊次 第1
出版元 白揚社
刊行年月 昭13
ページ数 272p
大きさ 18cm
NCID BA47681696
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46068399
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
電気工業論 宮田 保郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想