太平洋と列強海軍

中村伸康 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 新建艦競爭の展開 / 1
  • 一 新しき建艦競走への出發點 / 1
  • 二 西太平洋を目指す列强 / 12
  • 第二章 東亞に於ける日本の地位 / 20
  • 一 支那と日本の宿命的關係 / 20
  • 二 大戰中の東亞外交 / 24
  • 三 對支二十一ケ條の要求 / 32
  • 四 極東水面への關心 / 41
  • 第三章 ワシントン會議の前夜 / 49
  • 一 英米を壓する日本の計畫 / 49
  • 二 ワシントン會議とその脫退の意義 / 54
  • 第四章 支那事變と建艦問題 / 61
  • 一 英國の對日戰略 / 61
  • 二 三國海軍專門家會議 / 68
  • 三 英國海軍の再軍備計畫 / 79
  • 第五章 獨伊海軍力の强味 / 84
  • 一 新興獨逸海軍の實力 / 84
  • 二 伊太利海軍の威力 / 88
  • 三 老衰せる佛蘭西海軍 / 90
  • 第六章 英國制海權の動搖 / 94
  • 一 北海、地中海の新情勢 / 94
  • 二 アラビヤに於ける英伊の爭覇 / 103
  • 第七章 英國の西太平洋作戰 / 112
  • 一 シンガーポールの對日壓力 / 112
  • 二 苦衷の南阿迂回航路 / 118
  • 三 前進根據地香港の前途 / 123
  • 四 シンガーポールの空軍勢力 / 128
  • 第八章 極東海面の惑星蘇聯邦 / 132
  • 一 赤色海軍と英國 / 132
  • 二 蘇聯邦海軍の特徵 / 139
  • 第九章 米國の渡洋進攻作戰 / 148
  • 一 新ヴインソン案の目標 / 148
  • 二 太平洋制覇の夢を描く / 157
  • 三 雄渾なる輪型陣の弱點 / 161
  • 四 ル大統領と海軍政策 / 165
  • 五 空の進攻作戰 / 171
  • 第十章 英米提携の可能性 / 179
  • 第十一章 危機四二年の列國海軍力 / 189
  • 第十二章 主力艦の現狀 / 228
  • 附記 太平洋に於ける列國海軍現勢 / 243

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 太平洋と列強海軍
著作者等 中村 伸康
書名ヨミ タイヘイヨウ ト レッキョウ カイグン
出版元 高山書院
刊行年月 昭13
ページ数 246p
大きさ 20cm
NCID BA35413576
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46063502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想