児童青年水の安全教育

倉持治一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序 海軍大將 竹下勇閣下 警視廳水泳師範 藤岡御代四先生
  • 自序 著者
  • 寫眞
  • 津々浦々にプールの普及(一葉) / 1
  • 東京市民のよく溺死する處(二十葉) / 2
  • 第一章 兒童水上事故の現狀 / 11
  • 第二章 小學校に於ける兒童の水上事故防止策 / 17
  • 第一節 一般社會の水難防止運動 / 19
  • 第二節 兒童水上事故の原因調査 / 19
  • 第三節 全校皆泳を期す / 21
  • 第四節 兒童に對する水の注意の三方面 / 22
  • 第五節 敎師の立場 / 23
  • 第六節 校外敎育の一仕事として / 26
  • 第七節 學年別による指導の要點と指導案例 / 27
  • 其の一 學年別による指導の要點 / 27
  • 其の二 兒童溺死者數のグラフ / 31
  • 其の三 指導案例 / 33
  • 第八節 事故防止上より見たる小學校のプール經營 / 35
  • 其の一 プール檢査 / 35
  • 其の二 人員檢査 / 37
  • 其の三 シヤワー / 37
  • 其の四 水泳時間 / 38
  • 其の五 最後の人員檢査 / 38
  • 其の六 最後のプール檢査 / 38
  • 第三章 家庭に於ける注意 / 41
  • 其の一 魚釣りや、汐干狩に子供を連れて行く時 / 43
  • 其の二 子供の生物とり / 44
  • 其の三 船あそび / 48
  • 其の四 水泳練習 / 50
  • 其の五 まりなげ / 51
  • 其の六 海水浴 / 55
  • 其の七 兄弟か友達が水に落ちた時 / 56
  • 其の八 幼兒の溺死原因調査 / 56
  • 其の九 幼兒溺死者數のグラフ / 59
  • 第四章 靑年に對する注意 / 61
  • 其の一 泳げない者の船遊び / 63
  • 其の二 泳げる者の水遊び / 64
  • 其の三 溺者救助 / 67
  • 其の四 靑年の溺死原因調査 / 70
  • 其の五 靑年溺死者數のグラフ / 74
  • 其の六 靑年に對する指導案例 / 76
  • 第五章 兒童水難防止の說話資料 / 79
  • 第一節 「子供の水に對する心得十則」と其の內容 / 81
  • 其の一 『子供の水に對する心得十則』 / 81
  • 其の二 內容 / 87
  • 第二節 『子供の水に對する心得十則』の解說 / 89
  • 其の一 汐干狩 / 89
  • 其の二 生きものとり / 92
  • 其の三 キヤツチボール / 93
  • 其の四 船あそび / 95
  • 其の五 水泳場 / 98
  • 其の六 プール / 99
  • 其の七 海と川 / 101
  • 其の八 浮袋 / 103
  • 其の九 誰かゞ水の中に落ちた時 / 105
  • 其の十 自分が落ちた / 116
  • 其の十一 附錄 / 117
  • 附錄
  • 其の一 昭和十年度に於ける不慮の溺死者數(府縣別) / 121
  • 其の二 最近十箇年に於ける日本全國の不慮の溺死者數 / 122
  • 其の三 最近十箇年に於ける警視廳管下の不慮の溺死傷者數 / 122
  • 其の四 昭和十一年度東京市各區別水上危險率比較表 / 122
  • 其の五 昭和十一年度東京市に於ける各區別兒童の溺死者數 / 123
  • 其の六 新聞記事による不慮の溺死者に關する各種の統計 / 123
  • 其の七 兒童の水上事故に對する經驗の調査 / 125
  • 其の八 東京市に於ける水上危險地圖 / 127
  • 其の九 東京市民にとつての水上危險箇處 / 128
  • 其の十 水難救助隊編成組織案 / 129
  • 其の十一 兒童の綴方『川へ落ちた春男ちやん』 / 132

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 児童青年水の安全教育
著作者等 倉持 治一
書名ヨミ ジドウ セイネン ミズ ノ アンゼン キョウイク
出版元 内外通信社教育部
刊行年月 昭13
ページ数 134p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46059490
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想