義務教育年限延長に関する参考資料

文部省教育調査部 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 我が國に於ける義務敎育制度の沿革槪要
  • 我が國に於ける義務敎育制度の沿革槪要 / 1
  • 「附表」
  • 1 小學校數、敎員數、兒童數及學齡兒童就學率累年一覽表 / 15
  • 2 尋常小學校及高等小學校敎科目及毎週敎授時數の變遷(明治四十年以降) / 19
  • 我が國に於ける補習敎育制度の沿革槪要
  • 我が國に於ける補習敎育制度の沿革槪要 / 26
  • 「附表」
  • 1 實業補習學校及靑年學校々數、生徒數敎員數及經費累年一覽表 / 35
  • 2 實業補習學校敎員養成所及靑年學校敎員養成所々數、敎員數、生徒數及卒業者數累年一覽表 / 38
  • 義務敎育年限延長の必要と其の理由
  • 義務敎育年限の延長 / 40
  • 義務敎育年限延長の敎育的考察 / 51
  • 何故義務敎育は今延長せねばならぬか / 73
  • 義務敎育年限延長の科學的根據 / 84
  • 義務敎育年限延長の心理學的根據 / 136
  • 國民體位の向上と義務敎育の年限延長 / 164
  • 義務敎育年限延長參考統計(小學校關係)
  • 義務敎育年限延長參考統計(小學校關係) / 176
  • 一 學校數及學級數 / 176
  • 二 兒童數及出席狀況 / 191
  • 三 兒童入學狀況 / 197
  • 四 兒童卒業狀況 / 203
  • 五 學齡兒童就學步合及就學義務猶豫、免除 / 214
  • 六 敎育事務委託及小學校設置免除 / 219
  • 七 經常費及授業料 / 222
  • 八 敎員數、充實步合及月俸平均額 / 225
  • 九 師範學校々數、學級數、生徒數、經常費及專攻科卒業者數 / 231
  • 一〇 其の他 / 237
  • 義務敎育年限延長參考統計(靑年學校關係)
  • 義務敎育年限延長參考統計(靑年學校關係) / 253
  • 一 國庫補助に關する調 / 253
  • 二 靑年學校一般に關する調 / 261
  • 三 靑年學校普通科に關する調 / 268
  • 四 靑年學校本科に關する調 / 291
  • 五 靑年學校各科に關する調 / 309
  • 昭和十一年度全國壯丁敎育調査狀況
  • 昭和十一年度全國壯丁敎育調査狀況 / 313
  • 「附」 昭和十一年度全國及市部郡部別狀況一覽 / 324
  • 各國に於ける義務敎育及義務補習敎育制度槪要
  • 各國に於ける義務敎育及義務補習敎育制度槪要 / 335
  • 一 各國の義務敎育年齡及年數一覽 / 335
  • 二 各國の補習敎育年限及敎授時數一覽 / 340
  • 三 英、米、獨及佛に於ける學校系統圖表 / 345
  • 四 英、米、獨及佛に於ける義務敎育と小學校との關係 / 363
  • 五 英、米、獨及佛に於ける義務敎育制度槪要 / 383
  • 六 英、米、獨及佛に於ける義務制補習敎育制度槪要 / 403
  • 七 英、米、獨及佛に於ける小學校敎科目及毎週敎授時數 / 415
  • 八 英、米、獨及佛に於ける高等小學校相當の諸學校敎科目及毎週敎授時數 / 431

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 義務教育年限延長に関する参考資料
著作者等 文部省教育調査部
書名ヨミ ギム キョウイク ネンゲン エンチョウ ニ カンスル サンコウ シリョウ
出版元 文部省教育調査部
刊行年月 昭12
ページ数 450p
大きさ 22cm
NCID BN14451331
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46049049
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想