「クラシック音楽」はいつ終わったのか? : 音楽史における第一次世界大戦の前後

岡田暁生 著

芸術表現につきつけられたアポリア。落日しつつある西洋社会の閉塞感のなかに胚胎し、続く大戦経験がもたらした表現とは?前衛芸術、録音メディアの登場、ジャズの熱狂、音楽の国有化…音楽史の切断面への試論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦争の「前」と「後」-音楽史の亀裂としての第一次世界大戦(アヴァンギャルドの誕生
  • アメリカ・ポピュラー音楽の勃興
  • 録音音楽の時代
  • 音楽における国際主義
  • 国有化される音楽?)
  • 第2章 モダニズムからアヴァンギャルドへ-大戦勃発前に起きたこと(戦争の予感
  • 戦場となる演奏会場
  • シェーンベルクと不協和音の解放
  • ストラヴィンスキーとリズムの解放
  • 未来派とノイズの解放)
  • 第3章 熱狂・無関心・沈潜-戦中の音楽状況(「精神の戦い」としての第一次世界大戦
  • 総動員体制の中の音楽?
  • 世代交代期としての第一次世界大戦
  • 出兵した作曲家たち
  • 亡命者たちの音楽
  • 内なる戦争体験)
  • 第4章 社会の中の音楽-パウル・ベッカー『ドイツの音楽生活』をめぐって(音楽は社会が作る
  • 音楽における資本主義への批判
  • 音楽社会学的テーゼの反転-ベッカーからアドルノへ
  • 最後の啓蒙主義者としてのベッカー?
  • 音楽を通した国際的融和の希求
  • 戦争がもたらしたもの)
  • 第5章 音楽史における第一次世界大戦とは何だったか-戦間期における回顧から(一九二〇年代の音楽と新古典主義
  • ハインリッヒ・ベッセラー「音楽聴取の根本問題」と戦前音楽文化への批判
  • ベッサーラーと「行動する音楽」の美学
  • ベッセラーの思想とユーゲント運動)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「クラシック音楽」はいつ終わったのか? : 音楽史における第一次世界大戦の前後
著作者等 岡田 暁生
書名ヨミ クラシック オンガク ワ イツ オワッタノカ : オンガクシ ニ オケル ダイ 1ジ セカイ タイセン ノ ゼンゴ
書名別名 Kurashikku ongaku wa itsu owattanoka
シリーズ名 レクチャー第一次世界大戦を考える
出版元 人文書院
刊行年月 2010.9
ページ数 144p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-409-51110-7
NCID BB03283784
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21862777
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想