誰も知らない印象派

山田登世子 著

印象派は何を描き、何を描かなかったのか。印象派の風景画に隠された秘密。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 水と光のきらめきのかげに
  • 水辺は行楽地
  • 「草上の昼食」が流行だった
  • サン=ラザール駅で待ちあわせ
  • セーヌでピクニック
  • グルヌイエールのカエル娘
  • ブージヴァルのダンス
  • ダンスはガンゲット
  • モンマルトルのダンス
  • 「パリ名物」娼婦たち
  • 海辺に花咲く乙女たち
  • そして印象派はブランドになった

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誰も知らない印象派
著作者等 山田 登世子
書名ヨミ ダレ モ シラナイ インショウハ : ショウフ ノ ビジュツシ
書名別名 娼婦の美術史
出版元 左右社
刊行年月 2010.10
ページ数 107p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-903500-33-1
NCID BB0336198X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21918009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想