国民学校叢書  第3巻

齋藤薫雄著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序章 體鍊科の槪觀 / 1
  • 一 體鍊科は體育を實施する / 1
  • 二 體鍊科體育は敎育である / 4
  • 三 體育は敎育の筆頭である / 6
  • 四 體育は國家のために行ふ / 10
  • 五 心身一體の訓練を要求する / 12
  • 六 躾の强調 / 15
  • 七 團體訓練の重視 / 16
  • 八 他敎科との統合 / 18
  • 第一章 體鍊科の要旨 / 23
  • 第二章 體鍊科の敎授方針 / 36
  • 一 躾、姿勢其ノ他訓練ノ効果ヲ日常生活ニ具現セシムルコト / 36
  • 一 無言の行
  • 二 敬禮
  • 三 先生の話を聽く態度
  • 四 運動中の態度
  • 五 言葉遣ひ
  • 六 服裝
  • 七 手足の淸潔
  • 八 體操用具の取扱ひ
  • 九 體操場や運動場の掃除
  • 二 特ニ兒童心身ノ發達、男女ノ特性ヲ考慮シテ適切ナル指導ヲナスコト / 55
  • 乳兒時代
  • 幼年時代
  • 下學年時代
  • 上學年時代
  • 三 衞生養護ニ留意シ身體檢査ノ結果ヲ參酌シ指導ノ適正ヲ期スルコト / 76
  • 四 强靱ナル體力ト旺盛ナル精神力ガ國防ニ必要ナル所以ヲ自覺セシムルコト / 82
  • 第三章 體鍊科體操の目的 / 84
  • 一 目的
  • 二 團體訓練の方法
  • 第四章 體操の敎材 / 101
  • 第五章 體操敎授の方針 / 105
  • 第六章 體鍊科武道 / 133
  • 一 武道の地位 / 133
  • 二 武道の目的 / 135
  • 三 武道の敎材 / 138
  • 四 武道の敎授方針 / 139
  • 第七章 體鍊科指導上の基本問題 / 141
  • 一 鍊成主義指導 / 141
  • 二 重點主義指導 / 142
  • 三 敎材の精選 / 144
  • 四 指導の單純化 / 147
  • 五 體操の精神化 / 150
  • 六 一時間の指導過程 / 155
  • 七 體育年度の區分 / 160
  • 第八章 運動會の經營法 / 165
  • 一 理念の轉換 / 165
  • 二 體鍊科の正課との統合 / 167
  • 三 團體訓練を重視すること / 169
  • 四 運動會の回數及び內容 / 170
  • 五 賞品を廢止すること / 173
  • 六 運動會を神聖ならしめること / 175
  • 七 プログラムの實際 / 176
  • 第九章 全校體操 / 181
  • 一 ラヂオ體操 / 181
  • 二 要目敎材による全校體操 / 182
  • 三 集團體操 / 186
  • 附錄 獨逸學校體操要目を觀る
  • 第一部 學校體育の原則 / 192
  • 一 體育の目的及內容
  • 二 指導の方針
  • 三 敎材
  • 四 學校體育の分類と構成
  • 五 學校體育の時間及び時間割
  • 六 生徒の參加と成績判定
  • 七 郊外步行及運動團體
  • 八 競技と學校大會
  • 九 體操敎師
  • 第二部 敎材配當 / 220
  • 一 配當が非常に大ざつぱであること
  • 二 敎材の程度が低いこと
  • 第一級の敎材配當
  • 第二級の敎材配當
  • 第三級の敎材配當

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国民学校叢書
著作者等 斎藤 薫雄
斎藤 薫雄
書名ヨミ コクミン ガッコウ ソウショ
書名別名 体錬科教育の使命

Kokumin gakko sosho
巻冊次 第3巻
出版元 明治図書
刊行年月 昭15
ページ数 249p
大きさ 20cm
NCID BN13108016
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46053036
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
体錬科教育の使命 斎藤 薫雄
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想