硬毛新書方教育精義

斎藤梅雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一篇 新書方敎育の建設
  • 第一章 書方敎授の變遷 / 2
  • 第一節 寺子屋時代 / 2
  • 第二節 明治時代 / 4
  • 第一期 學制時代 / 4
  • 第二期 敎育令時代 / 6
  • 第三期 學校令時代 / 7
  • 第三節 手本の內容より見たる變遷 / 9
  • 第二章 現代の書方敎授 / 17
  • 第一節 大正頭初の書方敎授 / 17
  • 第二節 大正十年以後の書方敎授 / 19
  • 第三章 新書方敎育の建設 / 22
  • 第一節 新書方敎育建設の必要 / 22
  • 第二節 新書方敎育の內容 / 22
  • 第四章 新書方敎育と敎授要旨 / 35
  • 第五章 毛筆硬筆何れが主か / 41
  • 第一節 毛筆廢止論者の主張 / 42
  • 第二節 毛筆尊重論者の主張 / 43
  • 第三節 硬筆毛筆可否に對する諸說 / 44
  • 第二篇 毛筆書方の指導
  • 第一章 毛筆指導の凖備 / 64
  • 第一節 兒童の準備 / 64
  • 第二節 敎師の準備 / 74
  • 第二章 毛筆指導上必要な智識 / 81
  • 第一節 學習の際の心得 / 81
  • 第二節 正しい姿勢で練習する / 82
  • 第三節 執筆と指法の要領 / 85
  • 第四節 腕法の要領 / 88
  • 第五節 下筆法 / 89
  • 第六節 用筆法 / 92
  • 第七節 接筆法 / 107
  • 第八節 字體整正法 / 109
  • 第九節 間架結構法 / 113
  • 第十節 扁旁冠垂沓の書方 / 125
  • 第十二節 書道用語の智識 / 154
  • 第三章 敎材研究の必要 / 163
  • 第一節 基本畫の硏究 / 164
  • 第二節 書方手本の硏究 / 173
  • 第三節 文字の大小に就ての硏究 / 192
  • 第四節 假名と漢字との連絡硏究 / 196
  • 第五節 行書草書の書き方硏究 / 202
  • 第六節 假名の種類と書き方硏究 / 214
  • 第四章 書方指導の階程 / 227
  • 第一節 示範說明 / 228
  • 第二節 練習 / 232
  • 第三節 批正 / 237
  • 第四節 鑑賞 / 240
  • 第五章 書方指導の一時間 / 243
  • 第一節 書方指導基本的訓練事項 / 243
  • 第二節 敎授方法 / 246
  • 第六章 成績物の處理法 / 253
  • 第三篇 硬筆書方の指導
  • 第一章 ペン書方か鉛筆書方か / 260
  • 第二章 硬筆書方指導の凖備 / 261
  • 第一節 兒童の準備 / 261
  • 第二節 敎師の準備 / 284
  • 第三章 硬筆指導に必要な智識 / 288
  • 第一節 習字の際の心持 / 288
  • 第二節 姿勢法 / 290
  • 第三節 執筆指法 / 290
  • 第四節 腕法下筆法及其他 / 291
  • 第四章 書方敎材の研究 / 293
  • 第五章 書方練習帳の硏究 / 305
  • 第六章 硬筆書方敎授の實際 / 323
  • 第七章 硬筆書方と敎授案 / 327
  • 第八章 硬筆書方と他敎科の學習 / 337
  • 第四篇 書方敎育上の諸問題
  • 第一章 書方成績の向上と繼續的練習會 / 346
  • 第二章 黑板利用の練習 / 352
  • 第三章 書方敎授と筆順 / 355
  • 第四章 展覽會と誌上展覽會 / 359
  • 第五章 硬筆書方より毛筆書方へ / 366
  • 第六章 學級の書方成績向上策 / 370
  • 第七章 學校の書方成績向上策 / 373
  • 第八章 書方敎授と實用化 / 375
  • 第九章 書方敎授と反省 / 380
  • 第十章 一郡の書方敎育振興策 / 393
  • 第十一章 兒童への書話 / 403

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 硬毛新書方教育精義
著作者等 斎藤 梅雄
齋藤 梅雄
書名ヨミ コウモウ シン カキカタ キョウイク セイギ
出版元 東洋図書
刊行年月 昭和5
ページ数 474p
大きさ 23cm
NCID BN07321970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
44006897
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想