歴史の中の『新約聖書』

加藤隆 著

『新約聖書』は、キリスト教の流れの中で最も重要視されてきた書物である。しかし、この中に収められた文書を読むと、相互に対立するようなことが書かれている。この事態を理解するには、新約聖書がどのようにまとめられたのか、それぞれの文書はどのような立場から書かれたのかを考える必要がある。また、新約聖書の核にあるイエスの意義と、そのイエスが前提としていたユダヤ教の流れについて知っておくことも必要だ。歴史的状況を丁寧におさえながら読む、「新約聖書入門」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 一神教の発想と展開(ユダヤ教とキリスト教
  • 本格的な「一神教」の成立
  • 「律法」と「神殿」)
  • 第2章 イエスとエルサレムの共同体(なぜイエスなのか
  • ペトロの共同体)
  • 第3章 エルサレム教会からの二つの分派(ヘレニストの分離
  • マルコ福音書
  • パウロの手法)
  • 第4章 ユダヤ戦争後の模索(マタイ福音書
  • ルカ文書
  • ヨハネ福音書)
  • 第5章 新約聖書の権威(マルキオンの聖書
  • キリスト教とローマ帝国
  • 新約聖書の成立)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史の中の『新約聖書』
著作者等 加藤 隆
書名ヨミ レキシ ノ ナカ ノ シンヤク セイショ
書名別名 Rekishi no naka no shin'yaku seisho
シリーズ名 ちくま新書 864
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.9
ページ数 248p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06566-7
NCID BB03158749
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21827590
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想