アクセス公共学

山脇直司, 押村高 編

誰が公共を担うのか。「新しい公共」が謳われはじめたなか政治、経済、NPO、法、メディア、文化政策、教育、科学技術、環境、国際問題など公共的問題を論考するための入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本政治の公共学
  • 経済をめぐる公共学-意識変革と公共的価値
  • NGO・NPOをめぐる公共学
  • 法をめぐる公共性
  • マスメディアをめぐる公共学
  • ネットメディアをめぐる公共学
  • 文化政策における公共的諸問題-領域の拡大と未解決の課題
  • 教育の公共性-議論の地殻変動と抗争の多元化
  • 宗教における公共的諸問題-友愛と市民的モラル
  • 科学技術のガバナンス-その公共的討議の歴史と「専門性の民主化/民主制の専門化」
  • 環境をめぐる公共性-持続可能性と分配の諸相
  • グローバル公共性の構造転換
  • グローバルな正義と女性-"公共的なるもの"への包摂

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アクセス公共学
著作者等 林 香里
宇佐美 誠
小林 正弥
小林 真理
山脇 直司
平川 秀幸
押村 高
松下 良平
桑田 学
神島 裕子
稲垣 久和
遊橋 裕泰
長坂 寿久
書名ヨミ アクセス コウキョウガク
シリーズ名 新アクセス・シリーズ
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2010.9
ページ数 298p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8188-2131-6
NCID BB03455052
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21830464
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想