人、中年に到る

四方田犬彦 著

「読者よ、わたし自身が、わたしの本の題材なのだ」足の速さを競う時期は過ぎた。これからは少しずつ生き方に緩やかさを与え、しだいに無為の方へと身を向けさせるべきなのだ…。新境地を迎えて綴る、四方田版『エセー』。書下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 二人のグレン・グールド
  • 人、中年に到る
  • 職業と労働について
  • 恋愛の終わり
  • 本と娼婦
  • 知識の不幸と知識人について
  • わたしはなぜ旅に出るか
  • 憎悪と軽蔑について
  • 功名心について
  • 世代について〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人、中年に到る
著作者等 四方田 犬彦
書名ヨミ ヒト チュウネン ニ イタル
書名別名 Hito chunen ni itaru
出版元 白水社
刊行年月 2010.10
ページ数 229p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-08093-1
NCID BB03535209
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21824404
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想