大衆文学代表作全集  第12 (白井喬二集)

白井喬二著

[目次]

  • 目次
  • 白井喬二集
  • 照影 / 巻頭
  • 序詞 / 1
  • 新撰組(全)
  • 名人長屋の独楽造り甕八 / 3
  • 樹上の猿、樹下の侍 / 7
  • 鎌石策之進の来意 / 11
  • 懸想された女の犠牲談 / 15
  • 井伊大老牛角の建白書 / 21
  • 近江屋お蝶の紅涙 / 26
  • 紋兵衛と織之助対面 / 33
  • 烈火山上国危うし / 37
  • 船は黒く海は白波 / 45
  • 独楽造りの苦心 / 51
  • 晴れた勝負の朝は来た / 58
  • 時太鼓に打った両独楽 / 63
  • 美人駕籠と斬込隊 / 67
  • 江戸にもあった天誅組 / 73
  • 平和境小梅村の波乱ごと / 76
  • 白魚祭は嬉し江戸帰参 / 83
  • お香代捜しの織之助 / 90
  • 芸道は死よりも強し / 98
  • 宿命肉独楽の予言 / 108
  • 常盤御門に月が出た / 115
  • 東海道五十三次の恋旅 / 123
  • 京の伏見流潤吉の屋敷 / 131
  • 独楽も奇遇人も奇遇 / 138
  • 恋の打明け何れが早い / 143
  • 闇中に打つ十八番の曲投げ / 150
  • 精進つくした京独楽 / 159
  • 但馬流か伏見流か / 166
  • 転げ落ちた刹那 / 171
  • 櫛挽小屋にゆらぐ灯影 / 178
  • 二人の不幸者と一人の幸福者 / 184
  • 新徴組二百三十五人京へ / 189
  • 比叡山中の他流試合 / 197
  • 霧の中にひびく捕手太鼓 / 205
  • 鳩より得たる物 / 210
  • 天に向って生きる願い / 218
  • 島原遊廓のおもちゃ猫 / 222
  • 近江屋お蝶の時勢のことば / 230
  • 桜井畷手のなぐり込み / 235
  • 変化したこの人生 / 242
  • 新撰組の名が生れた / 248
  • 近藤勇と本願寺の大砲 / 253
  • 下鴨明神境内に剣のひびき / 258
  • 新撰組に斬りこむ男 / 264
  • お香代のありか訪ねて / 272
  • 尼寺に花は吹雪く / 281
  • この世に咲くお香代 / 288
  • 男性婆さん東条ちよ女 / 294
  • 東西南北縁決め独楽 / 305
  • 朗々とうたう謡曲蟬丸 / 313
  • 盤嶽の一生
  • 国を出る盤嶽
  • 友情 / 320
  • 昼靄 / 327
  • 按摩 / 335
  • 不合理 / 343
  • 曳馬 / 346
  • 抵当 / 352
  • 枕 / 360
  • 西瓜畑 / 367
  • その後の盤嶽
  • 新事 / 371
  • 洞察 / 379
  • 人馬 / 383
  • 米細工 / 390
  • 盤嶽は叫ぶ
  • 講金 / 393
  • 瓦器割 / 399
  • 内憤 / 404
  • 蒼魂 / 408
  • 女性を見る盤嶽
  • 轟音にはじまる人世 / 414
  • 百人と闘かう男 / 420
  • 肉体の花ぞの / 426
  • 陽はされどあまねく / 431
  • 解説・大佛次郎

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大衆文学代表作全集
著作者等 白井 喬二
書名ヨミ タイシュウ ブンガク ダイヒョウサク ゼンシュウ
書名別名 Taishu bungaku daihyosaku zenshu
巻冊次 第12 (白井喬二集)
出版元 河出書房
刊行年月 1955
ページ数 441p 図版
大きさ 22cm
NCID BA49926921
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57002382
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
新撰組
盤嶽の一生
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想