護国女太平記 : 写本

古川武雄 転写補校

[目次]

  • 護国女太平記
  • 卷之一 嶺の薬師寅童子二躰之亊 / 1
  • 附=源寺由來之亊 / 1
  • 卷之二 左馬頭殿乱酒短慮之亊 / 4
  • 附=根津宇右衞門御手討之亊 / 4
  • 大老酒井雅楽頭我意を振ふ之亊 / 7
  • 附=左馬頭殿御生害之亊 / 7
  • 卷之三 智積院隨高坊御目見之亊 / 9
  • 附=柳沢弥太郎牧野江立入之亊 / 9
  • 柳沢弥太郎初而御加増之亊 / 11
  • 附=女房より花籠献上之亊 / 11
  • 卷之四 おさめ於御前詩歌之亊 / 14
  • 附=牧野柳沢相談之亊 / 14
  • 将軍家綱公御病気之亊 / 16
  • 附=雅楽頭僞言披露之亊 / 16
  • 堀田備中守秀言之亊 / 17
  • 附=雅楽頭切腹之亊 / 17
  • 卷之五 舘林公御所縁の輩出世之亊 / 19
  • 附=護持院僧正御祈願となる亊 / 19
  • 酒井、稲葉、曽根權太夫に取入る之事 / 21
  • 附=新藤新五郎悪逆之亊 / 21
  • 卷之六 令嗣徳松君御逝去之亊 / 24
  • 附=酒井を下馬将軍といふ之亊 / 24
  • 諸大名能興行上覽之亊 / 25
  • 附=牧野、本庄屋舖へ御成之亊 / 25
  • 出羽守御台所江芸子差上る亊 / 27
  • 附=柳沢出羽守六万石に立身之亊 / 27
  • 卷之七 湯島に聖堂建てらるゝ亊 / 28
  • 附=殺生禁断御触之亊 / 28
  • 須加金弥御預に成る亊 / 30
  • 附=牧野御役御免之亊 / 30
  • 柳沢所々に傾城を請出之亊 / 32
  • 附=菊花御上覽之亊 / 32
  • 卷之八 柳沢珍遊を以て御加増給之亊 / 33
  • 附=諸候婚姻を望む之亊 / 33
  • 藤井紋大夫柳沢に親む亊 / 35
  • 附=柳沢大老職に成る亊 / 35
  • 卷之九 柳沢再び美女を抱る亊 / 38
  • 附=肝煎五兵衞、平蔵を欺く亊 / 38
  • 荒浜団蔵五兵衞夫婦を殺す亊 / 40
  • 附=伴十郎、平藏を切る亊 / 40
  • 卷之拾 柳沢江松平名字給る亊 / 43
  • 附=井伊、本多評議之亊 / 43
  • 水戸黄門光国卿、紋大夫御手討之亊 / 45
  • 附=柳沢美濃守虚言之亊 / 45
  • 卷之十一 美濃守江百万石の御墨附を給る亊 / 48
  • 附=護持院僧正調伏行ふ亊 / 48
  • 柳沢大阪に御藏屋敷を建る亊 / 50
  • 附=淀屋江用金を申付る亊 / 50
  • 卷之十二 大久保大隅守白無垢吟味之亊 / 52
  • 附=小池屋四郎兵衞金子を失ふ亊 / 52
  • 美濃守差図にて闕所申付之亊 / 55
  • 附=江户表江宝物取寄る亊 / 55
  • 卷之十三 北之御丸新御殿之亊 / 57
  • 附=おたか父毋を尋る亊 / 57
  • 間部越前守土中を窺ふ亊 / 59
  • 附=御加増役替之亊 / 59
  • 甲斐守御殿養子発触之亊 / 60
  • 附=御台所御諫之亊 / 60
  • 卷之十四 井伊掃部頭を御奥江召さる亊 / 62
  • 附=吉保連判状之亊 / 62
  • 諸大名、軍手配之亊 / 64
  • 附=根城兵粮用意之亊 / 64
  • 卷之十五 賢女劔を用いて護国之亊 / 66
  • 附=諸大名夜中登城之亊 / 66
  • 柳沢百万石の御墨附召上らる亊 / 68
  • 附=甲斐守家督を相続之亊 / 68
  • 附録 / 71
  • 改訂版の増補項目 / 71
  • 德川家系 / 71
  • 護国女太平記(改訂版)の書評 / 72
  • 酒井雅楽頭忠清と堀田筑前守正俊 / 74
  • 綱吉始めて各邸へ御成 / 74
  • 亮賢と隆光 / 75
  • 淀屋辰五郎 / 75
  • 綱吉と夫人の薨去 / 76
  • 綱吉死后の柳沢吉保 / 76
  • 吉保の世評の一片 / 77
  • 参考文献 / 80

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 護国女太平記 : 写本
著作者等 古川 武雄
古川武雄 転写補校
書名ヨミ ゴコク オンナ タイヘイキ : シャホン
出版元 古川武雄
刊行年月 1956
ページ数 80p
大きさ 25cm
NCID BA44090401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57001253
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想