赤朽葉家の伝説

桜庭一樹 著

"辺境の人"に置き忘れられた幼子。この子は村の若夫婦に引き取られ、長じて製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれ輿入れし、赤朽葉家の"千里眼奥様"と呼ばれることになる。これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。-千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもないわたし。旧家に生きる三代の女たち、そして彼女たちを取り巻く一族の姿を鮮やかに描き上げた稀代の雄編。第60回日本推理作家協会賞受賞。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 赤朽葉家の伝説
著作者等 桜庭 一樹
書名ヨミ アカクチバケ ノ デンセツ
書名別名 Akakuchibake no densetsu
シリーズ名 創元推理文庫 472-02
出版元 東京創元社
刊行年月 2010.9
ページ数 455p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-488-47202-3
NCID BB03429008
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21824383
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想