社会運動・組織・思想

北川隆吉, 浅見和彦 編

現代日本の労働組合、地域医療運動、平和運動と政策研究活動、さらに世界農民運動の現状と展望を示し、自治体、財政、社会的排除と住宅政策をめぐる社会運動の理論的視点を解明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 二一世紀の社会運動-その可能性と問題群
  • 第1部 社会運動をめぐる今日的視点(議会・民主主義・社会運動-自治体における代表システムをめぐって
  • 住民運動と行財政改革-市民参加型「公民協働」をめざして
  • 社会的排除と社会運動-包摂政治のゆくえ
  • 雇用崩壊・居住不安と住宅政策-国際比較の視点から)
  • 第2部 日本と世界の社会運動-20世紀から21世紀へ(日本の労働組合運動-改革をめぐる論点と課題
  • 社会運動のシンクタンク-政策研究型運動のめざすもの
  • 地域医療運動-東京におけるトータルサポート医療
  • 軍需生産と平和運動-労働組合の役割と可能性
  • 農業の再生と世界の農民運動-ビア・カンペシーナを中心に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会運動・組織・思想
著作者等 下山 省二
久村 信政
北川 隆吉
圷 洋一
小玉 徹
梶田 義熙
浅見 和彦
町田 俊彦
真嶋 良孝
辻山 幸宣
書名ヨミ シャカイ ウンドウ ソシキ シソウ
シリーズ名 21世紀への挑戦 6
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2010.9
ページ数 314p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8188-2124-8
NCID BB03339277
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21832030
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想