抒情詩のためのノート

鮎川信夫, 疋田寛吉 著

[目次]

  • 抒情詩のためのノート
  • 目次
  • 新しい抒情詩のために / 7
  • 考える詩から歌う詩へ
  • 歌う詩の肯定的精神
  • 新しい詩の夢と現実
  • 抒情詩の鑑賞 / 21
  • 島崎藤村「白壁」
  • 北原白秋「酒の黴」
  • 石川啄木「呼子の笛」
  • 室生犀星「夏の国」
  • 佐藤春夫「秋刀魚の歌」
  • 萩原朔太郎「艶めかしい墓場」
  • 佐藤惣之助「息子と海」
  • 堀口大学「秋の夕辺」
  • 西脇順三郎「ガラス杯」
  • 中原中也「サーカス」
  • 丸山薫「水の精神」
  • 宮沢賢治「松の針」
  • 立原道造「眠りの誘ひ」
  • 高村光太郎「レモン哀歌」
  • 三好達治「海は今朝」
  • 菱山修三「冬がまた忍び足で」
  • 村野四郎「秋の章(二)」
  • 金子光晴「くらげの歌」
  • 抒情詩の歩みについての対話 / 123
  • 抒情詩とは何か
  • 藤村の詩のヴァージニテイ
  • 短歌的抒情について
  • 俳句の抒情性と近代の詩意識
  • 漢語調の抒情
  • 逃避主義の詩精神
  • 白秋の趣味性
  • 「美しい心から美しい詩が生れる」という説
  • 抒情詩の感情的母胎
  • 消極的な抒情詩の常套性
  • 丸山薫の象徴的造型性
  • 夢と詩と現実
  • 郷土詩的抒情
  • 四季派の功罪
  • 愛誦型の詩について
  • 詩と感情生活 / 189
  • 詩は感情の世界に根をおろしている
  • 詩は感情の模様である
  • 内がわから外にむかつて
  • 最も敏感な心と世界との接触
  • 詩の主題の意味
  • 記憶のなかでしぼむことのない花
  • 神の都の国境をひろげる仕事を-
  • 抒情の近代性 1 (知性と感性を統一した詩) / 211
  • 「鶯は下手に歌う」
  • 北園克衛「死と蝙蝠傘の詩」
  • 壺井繁治「歌」
  • 小野十三郎「冬の海から」
  • 村野四郎「写生について」
  • 三好豊一郎「夢の水死人」
  • 抒情の近代性 2 (北村太郎『雨』) / 225
  • 「詩の本質は抒情である」と「抒情の本質にも詩がある」
  • 三好達治「行人よ靴いだせ」
  • 最も現代的な完成された自由詩
  • 抒情詩一般の弊を破る
  • 抒情の近代性 3 (言葉の二重性について) / 238
  • 不変な要素と可変な要素との統一体
  • ある精神上の価値
  • 事物の本当の意味
  • 「連結されたイメジ」
  • 飯島耕一「見えないものを見る」
  • 詩は言葉で作るもの
  • 谷川俊太郎「世界へ!」
  • 「意味の転位作業」
  • 生活のコトバと詩の言葉
  • あとがき / 246

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 抒情詩のためのノート
著作者等 疋田 寛吉
鮎川 信夫
書名ヨミ ジョジョウシ ノ タメノ ノート
書名別名 Jojoshi no tameno noto
出版元 ひまわり社
刊行年月 1957
ページ数 246p
大きさ 19cm
NCID BA37769917
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57002251
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想