チャンネルはいつもアニメ : ゼロ年代アニメ時評

藤津亮太 著

TVアニメの地殻変動、劇場アニメの新潮流、傑作・名作・話題作、すべて目撃。毎年300本近い新作アニメが放映される現在だからこそ"併走する言葉"が必要だ。作り手が込めたしかけや、自分の心の動きにも切り込んで作品を見つめる。状況論から作品論まで、さまざまな切り口で迫るアニメの楽しみ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ロボットアニメにルネサンスは来るか
  • 2004年アニメ映画を振り返って-
  • 『BECK』を見逃してはならない
  • 「非セカイ系」という挑戦
  • 『星を継ぐ者』が指し示すこと
  • おもしろい作品に出会う方法
  • 劇場版『鋼』の描こうとしたこと
  • 大人の余裕を感じさせる作品たち
  • 新番組に「普通のアニメ」を探す
  • アニメの「すそ野」と「飛び地」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チャンネルはいつもアニメ : ゼロ年代アニメ時評
著作者等 藤津 亮太
書名ヨミ チャンネル ワ イツモ アニメ : ゼロ ネンダイ アニメ ジヒョウ
書名別名 We've been watching ANIME all the time,when we sit in front of TV!
出版元 NTT
刊行年月 2010.9
ページ数 209p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7571-4253-4
NCID BB03806066
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21823797
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想