五・一五事件背後の思想

伊福部隆輝 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 緖論
  • 1 五・一五事件の歷史的意義 / 3
  • 2 その背後の思想とその歷史的文化的系統 / 6
  • 二 大西鄕遺訓とその思想
  • 1 大西郷の眞價への再吟味 / 9
  • 2 大西郷遺訓 / 13
  • その政治觀 / 13
  • 綱紀を肅制せよ / 15
  • その文明觀 / 17
  • その經濟觀 / 18
  • その國防觀 / 20
  • その外交觀 / 20
  • その人生觀 / 21
  • 3 岸良菜に與ふる手翰 / 23
  • 4 「與人役大體」 / 25
  • 三 北一輝とその思想
  • 1 北一輝とは如何なる人物か / 28
  • 2 現代思想家としての北氏の特色 / 31
  • 3 北氏の天皇論 / 36
  • 4 北氏の財產論 / 40
  • 5 北氏の土地論 / 47
  • 6 北氏の勞働論 / 49
  • 7 北氏の敎育論 / 50
  • 8 北氏の婦人論 / 55
  • 9 北氏の國家權論・結論 / 58
  • 四 權藤成卿とその思想
  • 1 人としての權藤成卿 / 60
  • 2 權藤成卿の學說 / 62
  • 3 制度學とは何か / 67
  • 4 成俗とは何か / 73
  • 5 制度學に於ける權藤學の特色 / 78
  • 官治主義と自治主義 / 78
  • 南淵書に顯れた哲學觀 / 80
  • 自治とは何ぞや / 81
  • 自治體の單位は何で定めるか / 85
  • 現代農村疲弊の根本原因 / 88
  • 村內治安の管掌權 / 92
  • 村民の衣食住等の處理權 / 93
  • 村內の防衛、衛生戶口の管理權 / 93
  • 村財產及び經費の處理權 / 94
  • 他町村との交涉 / 94
  • 敎育機關の監督權 / 94
  • 村民紛爭の仲裁權 / 95
  • 村內營業の制限若しく拒否權 / 95
  • 自治主義者の世界觀 / 96
  • 6 權藤成卿の思想 / 98
  • 思想と學說の相違 / 98
  • 權藤氏は無政府主義者か / 99
  • 無政府主義との相違點 / 104
  • 7 「君民共治」とは何ぞや / 107
  • 五 橘孝三郞とその思想
  • 1 序言 / 111
  • 2 輓近農民思想一般 / 113
  • 農民思想の二潮流 / 113
  • ルネツサンスの意義 / 115
  • 土に還れ!の叫び / 117
  • トルストイ主義 / 119
  • 重農主義の提唱 / 120
  • 我が國農民文學運動 / 121
  • 我が國農民運動の概要 / 123
  • 3 橘孝三郞の思想 / 125
  • 橘氏の農民觀 / 126
  • 橘氏の農業觀 / 132
  • 橘氏の都市對農村觀 / 140
  • 橘氏の日本農村論 / 143
  • 六 大川周明とその思想 / 153
  • 1 序言 / 153
  • 2 日本主義に於ける二つの流れ / 154
  • 3 大川氏の日本精神 / 157
  • 4 大川氏の日本史觀 / 163
  • 大和民族の組成 / 163
  • 大川氏の天皇論 / 166
  • 大化改新の意義 / 167
  • 奈良朝の文化 / 170
  • 平安京遷都の動機 / 171
  • 武家政治の創設 / 172
  • 德川幕府の罪 / 175
  • 6 大川氏の思想 / 176
  • 總收 / 178

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 五・一五事件背後の思想
著作者等 伊福部 隆輝
書名ヨミ ゴイチゴ ジケン ハイゴ ノ シソウ
書名別名 Goichigo jiken haigo no shiso
出版元 明治図書
刊行年月 昭和8
版表示 改訂版
ページ数 178p 図版 肖像
大きさ 19cm
全国書誌番号
46008612
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想